ピクシブ百科事典

斉藤歩

さいとうあゆみ

「しおんの王」に登場する人物。

CV:朴璐美
神園九段の最初で最後の弟子。女流棋士として活動しているが、実は男性。病気の母の治療費を稼ぐため、高校を中退して、性別を偽り女流棋士の道に進む。実力は本物であるが、手っ取り早く金を稼ぐために賞金は少ないが勝ちやすい「女流棋士」を選択した。父親はいるが、酒に溺れて働かないろくでなしのため歩は縁を切りたがっている。その家庭環境から子供の頃から貧乏であり、賭け将棋をしたことも示唆されている。本来の姿の時に偶々ストーカーから紫音を守った事で、男性として彼女と知り合い心を通わせる様になっていく。沙織いわく、荒削りだが実践的でなじみのない棋風。母親が死んだ事をきっかけに女流棋士であることを辞めて男として棋士を目指す際、性別詐称事件の影響を気遣う元の師匠・神園九段の計らいで新たな師匠・羽仁名人に預けられる。
棋戦トーナメントでは準決勝で安岡紫音を下すも、決勝で二階堂沙織に敗れ優勝はならなかった。
プロアマオープントーナメントでは敗者復活で決勝に進出するも、準決勝で羽仁悟に敗れた。

女装するときには眼鏡をかけツインテールにする。その時は周囲から見ても女にしか見えないがゆえに、紫音の両親を殺害した事件を担当する刑事・横山の相棒である立川からも見惚れられるほど。しかし、紫音には普段の姿の方が似合うと評される(その際には帽子を被りロングヘア―とワイルドな感じになる)。素の姿でも女性から「女の子みたい」と評されているため、女装癖が仇となったのか中性的な容貌とみられる。

そのためか、pixivではイラストが多く、人気がある。

関連タグ

しおんの王 男の娘
羽仁真 神園修

pixivに投稿された作品 pixivで「斉藤歩」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11053

コメント