ピクシブ百科事典

斬鉄

ざんてつ

鉄をも斬れるという意味の言葉。キャラクター名としても使われている。
目次[非表示]

斬鉄とは……

  1. もしかして? →斬鉄剣
  2. 上記より転じて、『鉄をも斬れる』という意味を付けるための言葉。
  3. SNK対戦型格闘ゲーム月華の剣士』のキャラクター。
  4. れん氏による物語『斬鉄忍法帳』の主人公


『月華の剣士』の斬鉄


斬鉄


「敗者死すべし」

身上書

流派忍術
武器銘蟷螂刃・「流」(とうろうじん・ナガレ)、蟷螂刃・「影」(カゲ)
生年月日文化8年10月19日
年齢52歳(一幕)、53歳(二幕)
身長5尺7寸
体重14貫目
宝物
趣向
好き強者と闘うこと
嫌い太平の世
シンボルアイテム傘、マント
利き腕左利き
家族構成娘・あやめ、孫・三太
肩書最強の忍道 -Last Ninja-
cv 大友龍三郎


概要

 NEOGEO系格闘ゲーム『龍虎の拳』シリーズに登場する如月流忍術の源流にあたる人物であり、己の忍道こそ最強の流派であることを証明せんと戦いに明け暮れる孤高の忍者
 元々は歴史の裏舞台を暗躍した忍者の一人だったが、かつて動乱により同門を全て失い、「我が流派は最強か」という疑問を抱き、「最強である筈の己に弱さがある」と言う矛盾に苦しんだ結果、「最強」の証を手にすべく修羅となった。
 性格は無慈悲で冷徹であるが、弱者や女子供には手を上げない主義らしい。

 一幕・二幕ともに物語と密接には関連しないものの、一幕のエンディングでは如月流を後世に継ぐ者として如月影二の姿が登場しており、明言こそされていないが『龍虎の拳』と『月華の剣士』の世界観を繋ぐ存在として重要な役割を果たしている。
 二幕終了後に他界したらしく、その後は孫の三太が二代目斬鉄として如月流伝承者となっている。
 ただし「代々受け継がれてきた忍術は彼の孫へ… そして後世へ伝えられる」という記述もあるため、如月流の技そのものは斬鉄以前より受け継がれてきた歴史の古い忍術である可能性も高い。
 しかし斬鉄を発端に後世の時代では彼の「最強を求める志」が色濃く受け継がれており、その点では彼が如月流の開祖とも言える。

 ネット界隈で忍者と来ると、『きたない』や『きれい』など定冠詞が付くことが多くなったが、仮に斬鉄に付けるとするとズバリ『渋い』である。渋い容姿、渋い声、渋い信念と哲学、さらに技に至るまで磨き抜かれており、まさに渋い忍者
 ただ、一方でやや地味な印象とを被った旅烏姿からシイタケと揶揄されることもある。

 なお『月華』と『龍虎』の世界観がやや異なることから、一部では「実は『龍虎』ではなく『KOF』の方の如月影二に繋がるのでは」というトンデモ説もある(勿論公式には繋がりは何も明言されていない)。

性能

 二幕は斬鉄一強

 剣劇格ゲーである『月華の剣士』を、一躍幕末ゲーに仕立てた最大の戦犯でもある。
 通常技からして隙の少ないものが多く、必殺技に至っては他のキャラたちとは別次元仕様といわれるくらいの性能ぶり。来ると分かっていても避けられない、ガードしてもめくりで当たるなど、剣質を問わず自在に攻め込む姿はまさに忍者。
 さらに斬鉄を最強たらしめているのが、【SNK末期の産物】とも称される4つのバグ
 詳しくはこちらに譲るが、チートなんてぬるい言葉で済むようなものではなく、バグ以外の何でもない代物である。如月流を代表する技である流影刃も初代だからすごいとか、そんな次元で済まされるものではなくなっている。
 なぜ発見しなかった
 ……とはいえ、それら諸々のバグを差し引いても斬鉄最強は揺るがない
 ・・・・すごい忍者だ

関連タグ

SNK 月華の剣士
忍者 如月影二 不破刃

pixivに投稿された作品 pixivで「斬鉄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 127618

コメント