ピクシブ百科事典

新宿ED

とうきょうたわーがあかいりゆう

ゲーム「ドラッグオンドラグーン」におけるエンディングのひとつ。
目次[非表示]

概要

5種類存在する「ドラッグオンドラグーン」のエンディングの一つ。正式名称は『E路』『Eエンド』等。
出現条件として『A〜Dの全てのエンディングを見る』『全ての武器を集める』が設定されており、事実上コンプリートクリアが条件

ドラッグオンドラグーン」の最大のネタバレが含まれます


















































































































ネタバレ

やっとのことで最終バトルへ突入するが、なぜか舞台は東京・新宿へと移る。
超高層ビル街の上空から『母体』が現れるシーンはシュール極まりない。
これはファンタジーではなかったのか。

戦闘前にアンヘルが発する「何なのだ、これは!どうすればいいのだ?!」という台詞は全プレイヤーの心情を代弁した名言。一応ルールらしき説明文が流れることは流れるのだが、このアンヘルの科白と同時なので、非常に気づきにくい。

だが、激戦の末ついに『母体』を倒し安堵するカイムアンヘル
彼らを待っていたのは…


自衛隊ミサイル


世界を救った英雄も、異なる世界の人々からすれば、ただの異物に過ぎなかった。
あっけなく撃墜され、アンヘルが東京タワーに突き刺さり、その場で幕を閉じる。

全プレイヤーを置き去りにした伝説のエンディングであり、難易度・面倒くささともに苦行と言っても過言ではないコンプリートを達成してへとへとになっているプレイヤーに、およそ最大級の絶望と虚無感を叩きつけた罪深き存在。
つまり、みんなのトラウマ

『母体』との戦闘が新宿で行われた理由がゲーム中では全く語られない上に、『母体』との戦闘はこれまでの戦闘と大幅に異なり、しかも桁違いに難しいことなどがネタに拍車をかけている。

補足すると、戦闘が新宿で行われた理由は『母体』の能力でカイムたちがいた世界と並行世界である現実世界にワープさせられたからである。
また、『母体』との戦いは『母体』の紡ぐ『歌』をアンヘルで同じ『歌』を紡ぎ相殺するというスタイルが採られる。簡単に言えば音ゲーである。
ちなみにこの現実世界はカイム達の世界と、ある関係性が存在したりする。

音ゲーが苦手な人には絶望的な難易度を誇る戦闘をやっと乗り越えたと思ったら、まさかの撃墜……自衛隊も仕事でやっているのだがちょっと許せない。
ちなみにこの撃墜命令は誰が下したのか記録が残っておらず不明、という謎が残されている。捻りなしに考えるのであれば『母体』が干渉したと思われるが……?

トドメがスタッフロール後の、マナによる朗らかな『本当に、本当にありがとうございました』。

最後まで抗った結果がこれか

そして2chのスレには八頭身が絶望と鬱で顔を覆うAA
「おらっ!出てこい横尾」とDODのディレクターである横尾氏が入っている(という設定の)ロッカーを八頭身がガンガン蹴っているAAが連投され、祭りになった。
当然信者(赤目)も参加、スレはAAの炎に包まれた。

ちなみに『母体』の紡ぐ『歌』は完全固定なので暗記すれば簡単にクリア可能。
さらに、戦闘中にポーズをかけることも出来るので「ポーズ→5個くらい暗記→入力したら即ポーズ→また暗記→以下ループ…」とやればもう難しくも何ともない。
どうしてもクリアできない人は試して欲しい。

実はクレジット表示時の「the End of dragon sphere」という表示、これは「The End of EVANGELION」のパロディ。

なおこのエンディング後、フリーシナリオ「新宿上空」が出現、航空自衛隊第303飛行隊(F-15J5機)と戦闘が可能だが、ドラゴンのブレスよりもF-15Jのほうが速い。
どうやら相手にしているのはこっちスカーフェイスらしい。

PS3Xbox360用のアクションRPG「ニーアレプリカント」はあろうことか、この新宿EDから約千年後の世界が舞台という裏設定が存在する。
そんな設定をつけて誰が得をするんだ。

ディレクター曰く、エンディングの中でこれを最初に決めていたらしい。
つまりカイムとアンヘルの運命はその時点で決まっていたことになる。

動画

バトル前トーク&ED込み


バトルのみ<ノーミス>


関連タグ

ドラッグオンドラグーン
F-15J
ニーアレプリカント

関連(?)作品

pixivに投稿された作品 pixivで「新宿ED」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99805

コメント