ピクシブ百科事典

新庄剛志

しんじょうつよし

元プロ野球選手。
目次[非表示]

1972年1月28日生まれ、福岡県出身の元プロ野球選手

愛称は「宇宙人」

概要

糸井に劣らずアホな男として有名。
だが一見アホのように見えてサービス精神が旺盛で、計算してやってることが大半である。また同僚の話によると一見目立ちたがりのように見えて、気使い上手で他人を立てる性格でもある。
幼少期はサッカーが好きだったが、つまらなさを感じ、野球を始めたところはまってしまい、そのうちプロ野球選手になるまでにもなった。
引退後、トーク番組で堂々と「僕は本当はサッカー選手になりたかった」などというなど、サッカーも好きだった模様。
とにかく新庄という男は数多くのエピソードを残しており、新庄を語るには騙りつくせないほどエピソードがある。
有名なの阪神在籍時の敬遠球を打ってのサヨナラ勝ちであろう。
あまりにも伝説が多いので詳細はエピソードをまとめた下記外部リンクの『新庄剛志伝説』を参照して欲しい。

選手としては俊足・強肩・一発長打を兼ね備えた好選手だったが、打率が平均して低かった。
だがパンチ力を兼ね備えており、また意外性のあるバッティングであった。
守備に関しては強肩で鉄壁でありゴールデングラブ賞を幾度も受賞している。
メジャーでもその守備力はかなりの高評価を得ていた。
センターを簡単そうにキャッチしている様にも見えるが、
バッターが打った瞬間から吹いている風などを視野に入れ、
予め球が落ちてくる場所を計算してその範疇内に立っている事が多いらしい。


新庄は野球選手というよりタレントに近いスター性を持つ男であったと言われている。新庄が日ハムへ行き、そこで派手なパフォーマンスを行ったおかげで、パ・リーグも注目され話題になることが増えていった。特に日ハムはそれまでファンの支持率が0%であったのだが、新庄のおかげで雰囲気は一変し、広報が「20年間努力したのに全くダメだった。それが一人の加入でこんなに盛り上がるとは」と洩らしたほどである。

引退であるがシーズン前半に突如引退を宣言。そして日本一になって引退するというまさに野球選手冥利に尽きる引退となった。日本一になったとき監督のトレイ・ヒルマンを差し置いて真っ先に胴上げされるあたり、彼が如何に愛されていたのかが伺える。

みのもんた司会のクイズ番組「ザ・ミリオネア」にて、
鉛筆を転がして出た番号をそのまま回答するという無謀な手段が使用し、
1000万円を獲得したのも知らぬ人ぞ少ない話である。
(最初から回答を知っていたのでは?という声もあるが真偽の程は不明。なお、この時の賞金は全額日ハムに寄付したそうである。)


彼の野球史

1990年、阪神タイガース入団
当初の背番号は63だったが5に変更。
2001年FAを行使してニューヨーク・メッツへ移籍
翌、2002年にはサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍
2003年には再びニューヨーク・メッツへ移籍
2004年より北海道日本ハムファイターズに移籍し、登録名は「SHINJO」背番号は1となった。
2006年に現役引退。
以後はバラエティ番組にしばらくの間出演していたが、最近は出る機会が激減している。
また基本的にバリへ移住していることもあり、野球界とも距離をおいている。

外部リンク

『もう一回、鉛筆を転がしていいですか?』 ←ミリオネアについて
『新庄剛伝説』←新庄の伝説をまとめた記事

pixivに投稿された作品 pixivで「新庄剛志」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5977

コメント