ピクシブ百科事典

日向繭樹

ひゅうがまゆき

日向繭樹とは、『素敵探偵ラビリンス』の主人公。

概要

CV:沢城みゆき
旧都で有名な探偵。11歳。作中では主に「マユキ」と表記される。
並外れた金持ちで立派な屋敷に住んでいる。また非常に優れた頭脳の持ち主で学校では特別カリキュラムが組まれている。基礎体力は低くないが、運動音痴。
ヘタレと言われると「ヘタレじゃないもん」と怒る。ケーキや紅茶が好きだがピーマンは嫌い。
物腰柔らかな態度と、内に秘めた旧都の平和に対する情熱、そして素敵な笑顔で同い年の少女達や年上の女性達を魅了している。
不思議な力「神智」を使う事で事件の全容を知ることができる。セイジュが言うには、彼の「神眼」は不安定であり、「自分の意思」で発動しているのではなく「本能的」に発動していた。しかし、渋谷天空城でついに「神眼」が完全のものとなる。

関連タグ

素敵探偵ラビリンス 主人公

紅渡 - 分野は違うが「その道」では凄腕と称される、高貴な生まれだが幼くして両親と離別、など共通点のある他作品の主人公。

コメント