ピクシブ百科事典

日暮かごめ

ひぐらしかごめ

高橋留美子の漫画『犬夜叉』のヒロイン。 気丈で活発な女の子で、骨食いの井戸から飛び出した妖怪に引きずられて戦国時代にタイムスリップしてしまう。そしてそこで犬夜叉と運命的な出会いを果たすことになる。
目次[非表示]

概要

声:雪野五月
現代(原作設定は1996年)から戦国時代にタイムスリップした少女。
神社の娘で15歳の誕生日に神社に祀られている涸れ井戸「骨食いの井戸」から現れた妖怪・百足上臈に引きずり込まれて戦国時代へとタイムスリップしてしまう。
そして、行き着いた先で半妖の少年・犬夜叉と出会い、百足上臈を倒すために彼の封印を解くことになる。その際、百足上臈の攻撃で切られたお腹から「四魂の玉」が飛び出し来ることになる。
その後、新たに出現した四魂の玉を奪おうとする鳥妖怪を倒そうと放った破魔の矢が、誤って四魂の玉ごと妖怪を貫いてしまったために玉が砕け散り、日本中に散らばることになる。そして、このことがきっかけとなってかごめの長い旅路が幕を開けるのであった。

能力【奥義皆伝基準】

腕力  :★
生命力:★★
眼力  :★★★★★
霊力  :★★★★
知力  :★★★
瞬発力:★
作者曰く、霊力が最大値でないのは能力が使いこなせていない為
最終的な霊力は桔梗よりも上だろうと言われている。

容姿・性格等

明るく活発な年頃の女の子。
背中の下に届くぐらいの長い黒髪が特徴の、なかなかの美少女。作中、さらに上の美女・美少女はそこそこいるため、おそらく上の下ぐらい。
やや年の離れた草太がいたり、父親不在の家族内を母を手伝って支えていたりするためか精神的に少し大人びた部分があるが、学友たちの前では普通の女の子である。
るーみっくワールド』のヒロインには珍しく料理がまともにできる珍しい部類に属する。

気が強く大変度胸が据わっており、はじめこそ戸惑ったものの、大抵の妖怪を見ても驚かずに立ち向かえる胆力がある。また女の子らしくかわいいもの好きで、妖怪であろうとかわいいものは思わず抱きかかえようとする。七宝雲母はまさに代表例。
気の強さが前面に出るものの、本来的には非常に慈愛の深い少女である。

なぜか鋼牙をはじめとして、妖怪の少年によくモテる

「骨食いの井戸」を介して現代と戦国時代が行き来できることが判明したあとは、ほぼ3,4日交替で学生生活と戦国生活をする目まぐるしい日常を送ることになる。戦国時代に行くときは登山用の大きなリュックサックに、ありったけのカップラーメンやレトルト食品、そして勉強道具を詰めて出発している。
服装が常にセーラー服なのは丈夫で洗い持ちするためらしい。るーみっくのヒロインにしては珍しく水着シーンが一度しかない。ただし全裸は何度もある。
体操着はブルマなのだが、なぜかアニメでは目を疑うほどのハイレグになっており初見で驚くこと請け合い。

祖父の計らいで仮病を使って戦国時代に行っているが、なにやら訳のわからん奇病にかかっていたことにされ、現代でも気苦労が絶えない。
当初学校の成績トップクラスだった。しかし戦国時代に行きはじめてからは成績は降下線をたどることになる。

からは、犬夜叉のかつての恋人・桔梗の生まれ変わりと言われ、先述した「四魂の玉」は桔梗が火葬される際にともに燃やされ、この世から消えたはずものである。

能力

桔梗の巫女の力をそのまま受け継いでいるらしく、邪気祓いや破魔矢による退魔、瘴気の浄化など、強い神通力を発揮できる。特に破魔矢は弓自体の腕前こそ桔梗に及ばないものの、命中したものの邪気を一気にかき消し、奈落すらも命中すればひとたまりもない強力さである。
のちに梓山の弓を手に入れ、弓の元の持ち主である瞳子との戦いから遮蔽物を空間ごと超えて矢を的中させる『後ろの正面を射る力』を身につける。

犬夜叉との関係

はじめは犬夜叉が何かしでかさないように見張るお目付役としての意識が強かったが、時間が経つにつれて徐々に犬夜叉を異性として意識しはじめる。
そのため、犬夜叉桔梗の関係に遠慮しがちになって非常に苦しむこととなり、その葛藤がときとして敵に利用されたこともあった。

ちなみに最終回では現代を離れ常に戦国で暮らしている。桔梗の妹を手伝い巫女の仕事をしている。
現代にいる弟草太によればかごめは早々に嫁に行ったことになっている。
殺生丸を「お義兄さん」と呼んだりしてる。

どんなに動いてもスカートの中身が見えない鉄壁スカートの持ち主でもある。

関連イラスト

かごめちゃん
かごめ


嫁。
空中散歩





関連タグ

犬夜叉 かごめ 
犬かご 朔犬かご

pixivに投稿された作品 pixivで「日暮かごめ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2970384

コメント