ピクシブ百科事典

日本橋

にほんばしまたはにっぽんばし

橋の名前あるいは地名。
目次[非表示]

「日本橋」とは、日本の国名が付いた福島県郡山市日和田と本宮市の境に位置する橋「ひもとばし」は、両地名の頭を取っているので、ここでは述べない。

東京都の日本橋(にほんばし)

東京都中央区の日本橋川に架かっている橋及び一帯の地名。

橋として

江戸時代徳川家康が当時の入り江を埋め立てた際、意図的に水路として残されて出来た運河「日本橋川」に架けられた。当時の五街道東海道中山道甲州街道日光街道奥州街道)の起点でもあり、現在でも「日本国道路元標」が置かれている。以後木造橋として水害で失われる度に架け変えられたが、明治時代に石造の橋となった。

現在では上に首都高速道路都心環状線が架けられている。これを景観破壊の最たる例と見る者がおり、未来的な景観と評する者もいる。

日本橋



地名としての日本橋

戦前には「日本橋区」が存在した。戦後京橋区と合併した際、旧町名には全て「日本橋」が冠された。
三井グループの力が強く三井本館、三越本店があり、尚且つ地下鉄駅(三越前)まで作ってしまった。



大阪府の日本橋(にっぱんばし)

大阪市中央区・浪速区にある橋および一帯の地名、西日本最大のオタ街。

橋としての日本橋

かの有名な道頓堀川に架かる堺筋の橋。

江戸時代には紀州街道にある重要な存在だったので、幕府の経費によって架けられた「公儀橋」であった。現在の橋は昭和44年製。でんでんタウン、オタロード(後述)よりかなり北側に位置する。

地域としての日本橋

「東の秋葉原(アキバ)、西の日本橋(ポンバシ)」と呼ばれる程の街。
電器店、同人ショップ、メイド喫茶、模型店、フィギュアショップ等等オタクの街と思いきや、道を一本外れてみると三階建ての「五階百貨店」や、露天商のおっちゃんや、食品関連の店舗が連なる「黒門市場」などがある。

電機の街

明治、大正時代の一帯は古着、古書店街だったが、戦後に旧軍や米軍払い下げのパーツなどの専門店街、やがて西日本最大の電気街として発展していった。
但し電気街は大型量販店(特に梅田ヨドバシカメラ)に押されて衰退傾向にあり、閉店した店舗は他の業種(主にフィギュアトレカ等)が入居したり、解体されてマンションになるという。

オタクの街

「オタクの街」であるのは堺筋(紀州街道)、オタロード、なんさん通り(なんさん通り商店街)一帯である。

オタクの街となったのは秋葉原と同じ頃、同じ要因である。現在では衰退激しい電機とは対照的に競争が激化している。休日には近畿一帯はもとより遠く愛知県からも来客があるという。また痛車の元祖は四国ナンバーのものがこの街に来てから、という説がある。

2005年からはコスプレイベントである「日本橋ストリートフェスタ」(通称ストフェス)が毎年開催され(但し毎年綱渡り状態であるという)、2009年にはいとうのいぢデザインの音々ちゃん2010年には光ちゃんが誕生。
これからも西日本最大のオタ街として、そして老若男女大勢の人が集う街として発展が期待されている。



交通アクセス

近畿日本鉄道に近鉄日本橋駅があるが、町のど真ん中へは地下鉄堺筋線恵美須町駅が便利。南海電鉄阪神電鉄御堂筋線難波駅からはなんさん通りを通って高島屋東別館が目印である。

秋葉原には日本橋への道路標識があるが、それは「にほんばし」行きなので注意。
「にっぽんばし」へは江戸橋料金所から首都高速道路にのり、東名高速道路名神高速道路に入ってひたすら突き進み(途中で新名神高速道路を通ると早く着く)、豊中インターチェンジで阪神高速11号池田線に入り、そのまま同1号環状線に入り、夕陽丘で降りてすぐ。
徒歩の場合は「にほんばし」へ行き、そこから国道1号線を延々と歩いて南森町の交差点で堺筋を南方面へ行くのであるが、素直に秋葉原駅から東京駅に行き、そこから東海道新幹線新大阪駅へ、そこから御堂筋線で難波へ行くか、高速バスを利用したほうが楽に早く、そして安く(東京から500キロ以上の距離を野宿でかつ飲まず食わずで行けば話は別であるが)着ける。

関連タグ

秋葉原 大須
加賀恭一郎 - 日本橋付近で活動する話が多い。
ラーメン屋 - 「にほんばし」という屋号が多い。

pixivに投稿された作品 pixivで「日本橋」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 459407

コメント