ピクシブ百科事典

旧ザク

きゅうざく

旧ザクとは『機動戦士ガンダム』シリーズに登場する架空の兵器である。 形式番号は「MS-05」。正式名称は「ザクⅠ」。 ジオン軍が使用していた最古のMS。
目次[非表示]

概要

ジオン公国軍が最初に制式採用・実戦配備したモビルスーツ
宇宙世紀の歴史上初めて実用化された軍事用モビルスーツである。
開発にはジオニック社からジオン公国軍に佐官待遇で出向したエリオット・レムが携わっている。
モビルスーツ黎明の時代に開発された機体ということもあり、カタログスペック的には後世の機体に劣り、また内蔵火器なども装備していない。

地球連邦軍との開戦に向けて本格的な軍事用モビルスーツの開発を決定したジオン公国軍では、量産型MSの正式採用に際して競作が行われ、ジオニック社は先に開発した試作機であるMS-04プロトタイプ・ザクを大幅に改良、量産化を見据えて装備類を簡略化したYMS-05ザクを提出した。
一方、ツィマッド社はそれよりも高性能なEMS-04ヅダを開発したが、同機はトライアル中に空中分解事故を起こし、その結果安定した性能を発揮したザクが採用された経緯を持つ。

本機は宇宙世紀0074年2月に試作機が完成。翌年7月に量産化が決定し、8月には1号機がロールアウト。その翌年の11月には初期生産型(MS-05A)27機によって教導大隊が編成され、月のグラナダにて開戦に向けての搭乗員育成や戦技研究、各種試験が行われ、モビルスーツという兵器体系を確立する重要な役割を担った。
その後、教導大隊で得られたデータを基にコクピットの構造や装甲の材質・形状などに一部改良を施され、MS-05Bとして本格的な量産化が行われた。
その総生産数は793機に及んだとされている。

当初こそ、空間戦闘機や宇宙戦艦と比較して革新的な兵器ではあったが機体各部の動力パイプを全て装甲内へと内蔵したことやジェネレーター出力の低さから十分な運動性能を発揮することができなかった。
その結果を受けてより実戦的な機体の開発が望まれるようになり、それによって出力向上と冷却装置の強化とそれに伴う総合性能の強化を測った後継機種ザクⅡが誕生する事になる。
ザクⅡ開発後、この機体と区別するため本機は「ザクⅠ」と呼称されるようになった。

一年戦争開戦時には一部をザクⅡと入れ替えた部隊があったものの、生産されたほぼ全ての機体が実戦に投入された。
しかしザクⅡが主力として大量生産・配備されると、機動性の劣るザクⅠとの混成部隊を編成するのは難しくなり、ザクⅠはルウム戦役以降は艦隊決戦後のコロニー内の制圧や補給作業などの二線級任務に回されることとなった。
ただし、大戦後期になってもザクⅠを継続して愛用したベテランパイロットもまた多く、大戦最期の決戦の舞台となったア・バオア・クーに於いてはリック・ドムゲルググといった最新鋭機と肩を並べる一幕もあったとされる他、部隊の数的不利を補う為に地上戦に於いても運用されたケースも存在する。
ランバ・ラル黒い三連星といったエースパイロット達専用にカスタムされた機体も存在したらしく、本機は後のMSパイロット達へ大きな影響を与えた。

武装

105mmマシンガン

ザクⅠの代表的な武装の一つであり、その名の通り105mm口径のMS専用マシンガンである。
MSの武装の中では火力は控えめな部類に分けられるが、ザクⅠが実戦投入された当時の連邦軍の艦艇や兵器相手には威力は十分だった。

120mmマシンガン

一部のザクⅠが運用していた武装であるが、もともとは後継機であるMS-06「ザクⅡ」向けに開発された武装である。「ザクマシンガン」の別名で有名なこの武装は105mmマシンガンをベースに改良した武装であり、各所システムの改良を施し、マガジンの位置も変更されている。

280mmバズーカ

主に対艦用に開発された実弾兵器である。マシンガンと比較すると取り回しと装填弾数を犠牲にしているが、その分威力は連邦軍艦艇に壊滅的なダメージを与えられるものであり、ルウム戦役時でも多くの機体が装備している。

ヒートホーク

ザクⅠ唯一の近接戦用の武器であり、後のザク系MSの代名詞とも言える武装である。
刀身を赤熱化させた斧状の武装であり、艦艇や戦闘機への白兵戦に用いられた。

Sマイン

機体各所に内蔵されている対人兵器。機体から発射された小型弾頭が炸裂し、小型鉄球を高速で撒き散らす事により周囲の歩兵や小型兵器を破壊する。ジオン地上軍の機体が使用した例が確認されている。

関連項目

機動戦士ガンダム
ザクⅡ ザク 旧ザク ボルジャーノン
ザクⅠ・スナイパータイプ

pixivに投稿された作品 pixivで「旧ザク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 210654

コメント