ピクシブ百科事典

早田誠

そうだまこと

早田誠とは、『キャプテン翼』のキャラクター。

概要

CV:大塚芳忠 / 石川英郎 / 荻原秀樹

(東一中 - 立浪高校 - ガンバ大阪(テクモ版では、立浪高校(II) - 南武大フースバル(IV)))
DF。背番号は主に7。大阪出身だが、話す言葉は標準語(原作初場時及びアニメでは関西弁)。
徹底的に相手エースをマークする事から「エース殺し」と呼ばれる。強気な性格が災いするのか本作では稀な累積退場処分を受けた一人(現実のルールでは次の試合は出場停止だが次試合に普通に出場)。
翼同様、当初はドライブシュートの開発を考えたが、自分たちの年齢では縦回転のシュートはまだ無理と判断、横回転に磨きをかけ、キーパー手前で急激に曲がる「カミソリシュート」を編み出す。
南葛中学との対戦では、終了間際に逆方向に曲がるカミソリシュートを一度だけ見せたが、打つ前に翼に見破られてゴールを奪えなかった。【ワールドユース編】では監督の賀茂から「そんなただカーブをかけただけのシュートが今さら世界に通用すると思ってるのか!」と一喝されて発奮、合宿所に帰ってきてのR・J・7との再試合で「ワンパターンと言われようが俺にはこのカミソリサッカーしかないんだ!」と、以前より一段と鋭さを増したカミソリサッカーを披露した。

【中学生編】では、大阪地区予選にて中西率いる強豪難波中学と対戦、カミソリシュートで中西から決勝点を奪い全国大会初出場を果たす。全国大会では初戦で優勝候補筆頭の南葛と対戦、翼を大いに苦しめた。対戦後は自分が断念した翼のドライブシュート完成にエールを送り足の怪我を気遣った。

【ジュニアユース編】では全日本のDFとして活躍。フランス戦ではナポレオンとの乱闘騒ぎを起こした後、クロスプレイでナポレオンを殴ったとして退場処分になった。
退場処分となった後に、控え室で涙を流しながら全日本の勝利を神に祈る等、情に篤い一面を見せた。

【ワールドユース編】では徹底したマーク役は赤井に取られ、岬が更にカーブのかかった「ブーメランシュート」を覚えてしまったため、出番がかなり減り、決勝の舞台が大阪であったことと、オーバーラップぐらいしか見せ場がなかった。
テクモ版では『II』以降、オフェンス・ディフェンス共に必殺技を所持しており、更に貴重な必殺パス「カミソリパス」を使用できる。
特に『V』においては、隠し必殺技「二枚刃カミソリ」や、翼の「ブーストサイクロン」へのアシスト役など、大幅に活躍できる要素が増えている。

関連タグ

キャプテン翼

pixivに投稿された作品 pixivで「早田誠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7787

コメント