ピクシブ百科事典

星の瞳のシルエット

ほしのひとみのしるえっと

柊あおいによる少女漫画。
目次[非表示]

概要

少女漫画雑誌りぼん』(集英社)にて、1985年12月号から1989年5月号にかけて連載された。全42話。単行本はりぼんマスコットコミックス全10巻、集英社文庫版全6巻。
連載当時りぼんで人気No.1の座を誇る看板作品であった。
キャッチフレーズは「200万乙女のバイブル」→「250万乙女の聖書(バイブル)」。
数字は当時のりぼんの公称部数。同誌の部数が増加したのはこの漫画の影響が大きいと言われている。

りぼん2015年7月号には、香澄などの高校卒業式の日を描いた読み切りが掲載された。

あらすじ

沢渡香澄は、幼い頃にすすき野原で出会った男の子から「星のかけら」というきれいなをもらう。香澄はその石をいつも持ち歩き、男の子との思い出を大切にしていた。
やがて中学生になった香澄には真理子沙樹という親友ができる。ある日、香澄は弓道場で出会った男の子に好感を抱くが、それは真理子が思いを寄せる久住智史だった。落胆しつつも諦めようとする香澄。しかしあるきっかけから久住と香澄は挨拶を交わす仲になり、やがて真理子、沙樹、久住の親友の白石司を交えて5人は友人となっていく。
久住と親しくなるにつれ、自分の好意をはっきりと自覚し始めた香澄は、恋心友情の間で葛藤する。真理子にも沙樹にも打ち明けられず、もどかしい日々を送るが……。

主な登場人物

沢渡香澄

主人公。連載開始時は中学2年生。
真面目で優等生的な性格。しっかり者に見えるが実はそそっかしい。何かと考えすぎてしまい肝心な事ほど口に出せないタイプ。初恋の相手は小学生の時に蛍狩りで出会った「すすき野原の男の子」。
親友の真理子、沙樹と共に料理研究会を作って活動している。

久住智史

香澄と同じ中学の弓道部に所属する少年。
母を早くに亡くし、父と2人暮らし。成績優秀で、運動神経ルックスもいい上に家事万能というスーパー中学生。所帯じみた中高生らしからぬセリフや要望が多い。好物はメロンパン
が好きで天文学に興味がある。ある目的から熱心に貯金をしており、金銭を介して頼みごとをされると断れない。

森下真理子

香澄・沙樹の親友。久住に片思いしている。
女の子らしい性格で、恋愛に関しては内気奥手。一途な反面、やや自己中心的で幼いところがある。

泉沙樹

香澄・真理子の親友。三人の中では一番のしっかり者。自分のことを頑固で可愛いげのない女と思っており、女性らしさへのコンプレックスが強い。
香澄が久住に惹かれている事に気づくが、香澄・真理子どちらも大切に思うがゆえに言い出せないでいる。

白石司

沙樹の幼馴染。久住とは同じ弓道部に所属しており仲が良い。
ルックスがよく人当たりがいいため、非常にモテるが、特定の彼女はつくらず女の子にちやほやされるのを楽しんでいる。自分がモテることに関して自信過剰なほどポジティブな言動をとっているが、実は小学生のときに沙樹からフラれたことが軽いトラウマになっており、本命の相手に対してはうまく立ち回れない。

余談

…まさか2011年にもなってこんな形でネタになるとは思わなかったよ。

関連タグ

柊あおい 集英社 少女漫画
ラブストーリー 青春群像劇 三角関係 初恋 シリウス 流星群
星がたり太田裕美) … 作中に出てくる楽曲。
中央快速線 … 線内の駅名が連載後半から登場したキャラクターの姓の元ネタになっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「星の瞳のシルエット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3223

コメント