ピクシブ百科事典

星伽白雪

ほとぎしらゆき

星伽白雪とは、ライトノベル『緋弾のアリア』の登場人物。

概要

クラス2年B組
専攻超能力捜査研究科 (SSR)
武偵ランクA
CV高橋美佳子


本作のヒロインの1人。星伽神社の長女。超能力を用いる武偵・「超偵」として超能力捜査研究科・通称SSRに在籍。二つ名は『火焔(ほむら)の魔女』。11月14日生まれ。佐々木志乃の戦姉(アミカ)。キンジの幼馴染で、彼を「キンちゃん」、または「キンちゃん様」と呼ぶ。
容姿端麗にして成績優秀で、偏差値は75。星伽神社の巫女、手芸部と園芸部、女子バレー部の部長、さらには武偵校の生徒会長までも務めるまさに完璧超人。スタイルも抜群で、作中トップクラスの巨乳キャラ。ちなみに、妹や義妹が6人いる。

普段はお淑やかで恥ずかしがり屋な、大和撫子を絵に描いた様な普通の女の子であるが、幼馴染・キンジに近づく女性(特に彼のパートナーである神崎・H・アリア)に対しては狂戦士化するなど、ヤンデレの気がある。
また、キンジが絡むことになるとパニックになったように暴走することもあり、キンジを襲って既成事実を作ろうとしたこともある。

幼い頃から神社の巫女としての徹底した英才教育を受けており、神社から外に出たことがほとんどなかった。そのため、キンジに一度神社から連れ出されたことがあってから彼に好意を持つようになり、今やキンジとの幸せな家庭を築く妄想をするまでになってしまっているのだが、肝心のキンジにはその好意を全く理解されていない。

物語に登場する武偵校生徒の中では数少ない日本刀による戦闘スタイルの持ち主で、拳銃は護身用程度にしか使用しない。携帯する日本刀『色金殺女(イロカネアヤメ)』は、銃弾が命中しても折れたり傷つくことがないほど高硬度の金属で練成された特別な刀で、彼女の超能力である炎を斬撃力に変換できる。
その実力は氷使いのジャンヌ以上で、超能力のレベルを表すグレードは17。ジャンヌとの戦闘で全力を出したときには、居合の奥義「緋緋星伽神」によって、ジャンヌが「斬れないものはない」と自負していた彼女の愛剣デュランダルを真っ二つに斬り落とした(もっとも、ジャンヌのグレードは8なので、実力差では当然のことだったのだが)。
この能力は禁制鬼道とされており、頭に巻いたリボンがリミッターの役割となって普段は封印されている。禁制鬼道を解放した際の彼女の戦闘力は凄まじいが、その分消耗が激しいのが弱点で、全力での戦闘は数分しかもたない(これは白雪に限った話ではなく、超能力者(ステルス)の共通の弱点の模様)。
キンジを守るため初めて自らの意思で禁制鬼道を使ったこの事件以降、白雪は徐々に自分の意志で行動することが多くなっていく。

星伽神社の家系においてこの炎の使い手は代々、真名を『緋巫女(ひみこ)』と呼ばれている。すなわち、白雪とは真名を隠すための伏せ名であり、この真名はかつての邪馬台国女王卑弥呼から続く緋緋色金の監視者という役割を持つ者の証でもある。

関連タグ

緋弾のアリア  遠山キンジ  神崎・H・アリア  峰・理子・リュパン4世  レキ  佐々木志乃
超ヒロイン戦記

pixivに投稿された作品 pixivで「星伽白雪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 314796

コメント