ピクシブ百科事典

星川真希

ほしかわまき

星川真希とは、『ときめきメモリアル4』の登場人物。
目次[非表示]

概要

声:大亀あすか
6月1日生まれ、血液型A型。身長157cm(1年目)・158cm(2年目)・159cm(3年目)。

大ヒットしたギャルゲーの金字塔『ときめきメモリアル』の正統な続編である『ときめきメモリアル4』のメインヒロイン……なのだが、いかんせんその認知度は非常に厳しいものであると言わざるを得ないだろう(詳しくは後述)。

主人公の同級生でクラス委員長(二年生二学期からは生徒会長に就任)。
気さくで誰からも好かれる人物。語堂つぐみとは小学校からの幼馴染で親友。
ときメモシリーズのメインヒロインではあるが、主人公とは幼馴染ではないどころか、高校入学以前の接点も一切無い。
主人公とは入学した時のクラスで偶然隣の席になり、一目惚れだった。

余談

愛称がかなり多く、「ホッシー」「マッキー」「スタリバさん」、学期始めの特技実践&習得イベントを手伝ってくれることから「特技さん」、放置してると最速で1年目の8月には爆弾が点灯してしまうという傷心度の上昇の早さから「スターマインさん」「ボマー星川」などが存在する。

またときめき状態になるのも早く、主人公のパラメータ上昇によるときめき度の上昇率も高く設定されている。
そのため彼女を攻略する分には簡単だが、皐月優龍光寺カイなど難易度の高いヒロインを攻略するときには最大の障害となる。
皐月攻略時は、皐月から要求されるパラメータや進路はもちろんのこと、主人公が生徒会に入っている場合は同じ生徒会所属による友好度上昇は皐月は卒業してしまうことでストップしてしまうため、その後もそれが続いている星川に好感度が逆転されてしまい、伝説の樹の下に来ているのは皐月ではなく星川ということがある。
また、龍光寺攻略時は、ルートが2つある関係かヒロインポイントが最大14しかなく(他のヒロインは20)、パラメータは要求された分あって好感度も高いが、取得ヒロインポイント数で星川に逆転されてしまうということも多々ある。
このように伝説の樹のディフェンスに定評があることから、本命キャラ攻略中の妨害をしてくる「ガーディアン」やら、「伝説の樹の番人」「樹ノ下守」などの通り名も……。

☆「オレはオレの仕事をする!この試合に悔いは残さねえ」


これらはこのシステムや特技による対策を知らない限り、ますますひどい目に遭うだろう。
ときめきやすさがかえって仇になったパターンであるといえる。

彼女のエンディングを迎えると看護師の専門学校へ進学するのだが、彼女以外のヒロインでエンディングを迎えると彼女の卒業後の進路が不明になってしまう。
しかし、それについて主人公から特に心配されていないというのは……(もっとも主人公は進路を聞き出せていないだけなのだが)。

モバイル版ときメモ4でも、チョイ役として登場している(攻略対象ではない)。

ちなみに髪型と髪の色は、『ときメモGS2』に登場した情報提供役のサポートキャラである音成遊とそっくりだったりする。

悲劇のメインヒロイン

上記のように、他ヒロイン攻略時にはときめき度の上がりやすさや爆弾発生率の高さから非常に厄介な存在となる(唯一の例外は後述)。
メインヒロインではあるが、ゲームシステム上嫌われがちなポジションに位置してしまっているのである。

またありとあらゆる面で「ときメモのメインヒロイン」らしさを感じさせないことから、メインヒロイン(笑)扱いもされている。
必ず登場するヒロインで、主人公に懐きやすい王道ヒロインのはずなのだが……。

理由は、彼女自身の特徴の薄さと大倉都子の存在である。
「メインヒロインは親しみやすく」というコンセプトで作られたヒロインなのだが、親しみやすさを狙って無難なキャラメイキングを行ったためかこれといった特徴が無いためキャラ立ちが弱くどこか特徴が際立ってるのが売りのときメモヒロインとしては物足りないとユーザーに捉えられてしまった。
(一応、一年生から三年生にかけて徐々にテストの成績は上がっているなど、努力家であることは伺えるのだが……)

歴代ときメモメインヒロインと比べても、主人公の幼馴染ではないどころか、高校入学以前の主人公との接点が全く無いことから主人公との『過去の思い出』的なイベントが皆無で、それが彼女のキャラ立ちを更に弱めてしまっていた。
ときメモ3牧原優紀子も主人公の幼馴染ではないが、彼女は小中学校の時に主人公の同級生であり、小学生の時に主人公にイジメっ子から助けてもらったという接点がある。
これもメインヒロインと認識されない一因であり、彼女が主人公に懐きやすいのが不自然に感じられてしまったのである。

パッケージヒロインであり、オープニングムービーも飾っているのだが、それらの役割を皐月優と分担してしまっていることもある。
インターネットラジオ『あなたとときめきメモリアル4』のパーソナリティも、星川役の大亀あすかと皐月役の滝田樹里が役割を分担していた。

そして大倉都子は歴代ときメモメインヒロイン同様主人公の幼馴染であり、設定やイベント面でもゲーム中で一番最初に登場したり、伝説の樹の話を正確に知っていたり、幼少時代の主人公との思い出イベントがあったり、エンディングに一番気合が入っていたりと、星川よりもメインヒロインに相応しい要素を持ち合わせているのである。
また(ときめき状態への前フリとはいえ)ときメモシリーズ史上初のヤンデレ属性を持つことや、ときめき状態では伝統システムを否定してしまうくらいの主人公への想いを見せ付けたことでも話題を掻っ攫ってしまった。
本当にコナミは星川をメインヒロインにしたのか?とさえ疑いたくもなる。

人気の面でも都子に大きく水をあけられてしまい、更に言うならば電撃マ王で短期連載されていた漫画『ときめきメモリアル4 Stand by me』でも都子にメインヒロインの座を奪われてしまっている。
サブヒロインとしてはそれなりに活躍はしているが、主人公の事は諦めて都子との仲を応援するというポジションに位置づけられてしまっている。
元々は都子がそのポジションにあたるキャラだったんじゃ……。
というかこの件は同じコナミのクイズゲーム『クイズマジックアカデミーVII』の「ヒロイン検定」で、四択クイズの問題として思いっきり出題されてしまっていた。
そしてコナミネットDXの「ときめきメモリアルメールドラマ」でも、ときメモ4枠の出番を都子に奪われてしまった。
グッズ展開でも、2009年の東京ゲームショウのコナミブースで星川のフィギュアが参考出品されていたが商品化されずにお蔵入りしてしまうという始末であり、逆に都子はその年のコミックマーケット77のゲーマガブースで公式の抱き枕カバーがただ一人だけ商品化されていた。
公式でもこのように、悲惨な扱いを受けてしまっている。
コナミはときメモ4のメインヒロインは星川ではなく都子とでも言いたいのだろうか?

なお、都子はときめき状態に入ると他ヒロインの攻略が非常に難しくなるためほぼ都子エンド確定となるが、意図的に都子ルートに入りさえしなければ、星川のように妨害するようなことはしない(むしろ情報屋として協力してくれている)。
都子ルートに入ったら入ったで、爆弾を気にする必要が無くなるため星川も完全に無視できてしまえる。
しかもパラメータ上昇によるときめき度上昇率も、実は星川よりも都子の方が高く設定されているのである。
一応星川も好感度に関係なく強制発動するイベントが二つ用意されており、好感度アップを手伝ってくれるのだが(強制発動してなおかつ好感度もアップするイベントを持つヒロインは1~4の中では星川のみである)、都子の影が濃すぎるために殆ど認知されていない。
しかも、攻略対象として最初に必ず登場するヒロインであるにも関わらず、電話番号は都子に教えてもらわなければならない(聞かないまま都子ルートに突入するともう二度と教えてもらえなくなってしまう。それでも都子を攻略する分には「大丈夫だ、問題ない」状態だが)。

シナリオ面でも、都子のシナリオは「主人公が強引にデートに誘う→主人公の空気を読まない発言で都子を傷つけてしまい、ヤンデレ化させてしまう→それでも優しくしてくれる主人公と過去の大切な思い出が重なり、都子が闇から光へと蘇る→すっかり明るくなった都子との甘い高校生活」という起承転結に忠実かつ感動的なものであるのに対し、星川のシナリオはポジティブ少女が健気にがんばってる姿を延々と見せ続けられるだけという、起承転結すら考えられていないような、典型的な「ヤマなし、オチなし、イミなし」になってしまい、その内容すらどこにでも落ちているような話ばかりであった。
全体的に見てもプレイヤーの印象に残るようなイベントが極端に少ない……メインヒロインなのに。

彼女自身のキャラクターは決して悪いものではないのだが、『ときめきメモリアル』という、かつて一世を風靡したシリーズの最新作の看板を背負ったメインヒロインを務めるには色々と不遇が多すぎたことが災いし、さらに公式が自重しなかったために「ときメモのメインヒロイン」らしさを微塵とも感じ取れない、むしろどうしてこうなった!」と言いたくなるようなキャラクターになってしまった。
故に、「ときメモ4の真のメインヒロインは都子」「星なんとかさん」とか散々な言われようである……。

星川がメインヒロインと認識してもらえないのは、やはりときメモシリーズでは「メインヒロインは主人公の幼馴染」というイメージが定着してしまったのが最大の原因であろう。
「主人公の幼馴染」である都子と、「入学時のクラスで初めて出会って一目惚れした」星川となると、初代の藤崎詩織、ときメモ2の陽ノ下光を知るファンにしてみれば、どうしても「都子がメインヒロインポジション、星川はサブヒロインポジション」と捉えられてしまいがちである。
前述の公式の漫画やメールドラマで、都子が星川を差し置いてメインヒロインになっているということも、それが表れているといえるだろう。
また、ときメモ4のモバイル版のメインヒロイン・井ノ倉葵歩主人公の幼馴染であり(PSP版とモバイル版の主人公は別人同士だが)、これも星川がメインヒロインと認識されない一因となった。
さらに主人公の男友達の七河正志小林学、都子のマスコットキャラの「うさぎさん」の方が星川よりもキャラ立ちしていることも、彼女の存在感の薄さに拍車をかけている。
正直な話、都子と違って主人公の過去やきらめき高校の伝説に深く関わっているわけでもないので、居なくても話が成り立ってしまう。
というかむしろ、彼女はメインヒロイン(悲)である。

実際、冷静になって彼女を良く見てみれば……。

・顔:メインヒロインらしい美少女顔
・スタイル:バスト83となかなかのもの
・性格:明るく元気で誰にも優しいクラスの人気者、看護師になるという夢に向かって頑張る努力家
・ポジション:主人公のクラスの委員長、後に生徒会長

と、誰が見ても申し分ないメインヒロインっぷりなのである。普通のギャルゲーなら。
唯一つ、残念ながら『ときめきメモリアル』シリーズでは主人公との大切な思い出を持つ幼馴染が優遇されているから、としか言いようがない。
実際、詩織や光は最後までメインヒロインの座を虹野沙希八重花桜梨に取られなかったわけだし。
ここまで悲惨な意味で「出るゲームと就くポジションを間違えた」のは彼女くらいのものであろう。
文句は公式でもこんな扱いしているコナミに言ってくれ、と。

強く生きてくれ星川さん!

おまけ

パラメータの調整次第では、「皐月からの生徒会勧誘を回避」「ハルちゃんエリサ・D・鳴瀬を登場させない」「トリプルデートを爆弾点灯および主人公の病気で回避」することにより3年間、星川と2人っきりの学園生活を送ることが可能である。

また、星川の爆弾発生率は過去の光や美樹原愛ほど高くは無いことを付いて、逆に星川狙いでない場合は本命のヒロインをときめかせた後で特技の「清廉潔白」を実行して放置すれば、特技イベントのみの出番となり存在を空気化させてしまう事も可能だったりする。
さらに傷心度の調整次第では特技イベントの時期に爆弾を発生させ、その特技イベントですら登場させないことも可能。
特に爆弾の影響を受けない都子攻略時がやりやすいだろう。

関連タグ

ときめきメモリアル4 ときメモ4 特技さん メインヒロイン(笑)

pixivに投稿された作品 pixivで「星川真希」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 735514

コメント