ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

大抵は江戸時代エロ浮世絵のことを指している。
春画をまとめたものを艶本という。早い話が昔のエロ本である。
また、一般画と春画の中間に位置するそれほど露骨な描写でない作品は「危絵(あぶなえ)」と呼ぶ。

なお、喜多川歌麿葛飾北斎歌川広重など江戸時代の著名な浮世絵師は全て春画を描いており、春画を全く描かなかったのは東洲斎写楽だけだとされている。

また、春画日本だけのものではなく、中国トルコなどにもあり、西洋においてもそれに近い芸術作品が、有名画家のものにも存在する(レオナルド・ダ・ヴィンチミケランジェロ・ブオナローティが手掛けたレダと白鳥や、イ・モーディの作品など)。

余談

春画危絵を描くうえで一番大変だったのがモデルであり、当時の時代では写真などが無かったため、描く際には作者がモデルを出迎えたり自らが出向くなどして、わざわざ長時間その態勢をとって貰わなければならなかった

危絵師が主要人物として登場する、川田弥一郎氏の時代小説江戸の検屍官』には、そうした危絵のモデルが苦労している様子が綴られている。
ちなみに『江戸の検屍官』は、高瀬理恵氏による漫画版もあり(小学館ビッグコミックにて断続的に短期連載)、そちらでも同様の描写がある。

関連タグ

ウタマロ R-18 春画はるか
官能 美術 芸術

外部リンク

ニコニコ春画

pixivに投稿された作品 pixivで「春画」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1614834

コメント