ピクシブ百科事典

晦-つきこもり

つきこもり

『晦-つきこもり』とは、ゲームの名称。
目次[非表示]

概要

『晦-つきこもり』とは、1996年3月1日にバンプレストより発売され、2012年6月5日にはWiiバーチャルコンソールで配信中のサウンドノベル形式のホラーアドベンチャーゲームである。
制作はパンドラボックス。
ゲーム学校であった怖い話の姉妹作。

六人の語り部から一づつ話を聞いていくシステム。
姉妹作である学校であった怖い話の七不思議システムを継承している。
製作スタッフも学怖とほぼ同じな為、ファンならニヤリとする人物なども登場する。

ストーリー

高校入学を控えた主人公が、春休みに祖母の七回忌で親戚と一堂に会する。
親しい親戚たちと語り合ううちに、
主人公のいとこである真田泰明が「七回忌の晩、怖い話をし合うと死者が蘇る」と言い始め、
「開かずの間」と呼ばれる部屋に集まった一同で怖い話をすることになる。

登場人物

主要登場人物

前田葉子
主人公。名前は変更可能。中学三年生。従兄弟の泰明に憧れている。
いつもからかってくる従兄弟の良夫を嫌っている。
前田和子
葉子の義理の伯母で本家長男の嫁。良夫は一人息子。
前田良夫
葉子の従兄弟。和子の息子。小学六年生で生意気盛り。
真田泰明
葉子の従兄弟にあたるTVプロデューサー。
山崎哲夫
葉子の遠縁の親戚。山をこよなく愛する自称冒険家。
鈴木由香里
葉子の遠縁の親戚。自称花嫁修業中のフリーター。
藤村正美
葉子の遠縁の親戚。看護師(作中における表記は看護婦)をつとめる。
和弘
葉子の遠縁の親戚。一人だけ到着が遅れている人物。
風間望
正体不明の謎の人物。

サブキャラクター

ヒナキちゃん

外部リンク

VC版紹介

関連タグ

学校であった怖い話  つきこもり

pixivに投稿された作品 pixivで「晦-つきこもり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74437

コメント