ピクシブ百科事典

最遊記RELOAD

さいゆうきりろーど

峰倉かずやによる漫画「最遊記」の続編。及びそれを原作としたテレビアニメ作品。
目次[非表示]

前作『最遊記』の続編で、2002年5月から2009年6月まで『コミックZERO-SUM』にて連載された。単行本は全10巻(全49話)。話数カウントは「ACT.」。
2009年12月より同誌にて連載開始した続編『最遊記RELOAD BLAST』に物語は引き継がれている。

登場キャラクターなどについては ⇒ 最遊記を参照。

あらすじ

ストーリーは『最遊記』から約半年後、旅に出てから一年が経った桃源郷が舞台。前作『最遊記』に引き続き、彼らが1人の"男"として大きくなった過去編も充実している。
ヘイゼル=グロースとその従者ガトという敵か味方か未だ分からない男たちも加わり、さらに現在と過去を繋ぐ人物・烏哭三蔵法師も姿を現す。
衣装も新たに再び弾が込められた彼らは、また強かに走り出す……。

アニメ

テレビ東京系列木曜18:30枠で2003年10月から2004年3月まで全25話が放送された。  番組のタイトルは『最遊記RELOAD』であるが、実際に原作『最遊記RELOAD』からの作品は5話(1話、2話、3話、13話、16話)だけであり、4-12話、14-15話はアニメ独自の作品、17話以降は前作『幻想魔伝最遊記』で未アニメ化だった『カミサマ篇』である。ちなみに原作が基である第3話の内容はアニメ化に伴い、一部省略されている。
番組の次回予告後「うら最」こと短編アニメをコーナーとして放送。

『最遊記RELOAD』の放送終了から間を置かずに、放送時間を深夜の木曜25:30枠に移し、タイトルを『最遊記RELOAD GUNLOCK』と改題して2004年4月1日から2004年9月23日まで全26話が放送された。
13話からはヘイゼルとガトが登場し、最終回までは「ヘイゼル篇」。話の展開や結末は現時点ではアニメオリジナルである

なお作者・峰倉かずやのコメントによれば、今作および続編「GUNLOCK」におけるアニメ独自の話は、"構想はあるものの、本編では描けそうにない話(連載に載ることなくお蔵入りになった構想)"をアニメ化したものらしい(例:「おいしい料理」、「妖怪・玄奘三蔵」など。

主題歌

オープニングテーマ

「Wild Rock」
作詞 - Haze / 作曲・編曲・歌 - BUZZLIP

『最遊記RELOAD GUNLOCK』
「Don't look back again」
作詞・歌 - WAG / 作曲・編曲 - 徳永暁人

エンディングテーマ

「ID」
作詞 - 及崎森平 / 作曲 - 満園庄太郎 / 編曲 - 豊田稔 / 歌 - flow-war
「吹きすさぶ風の中で」
作詞 - 三枝夕夏 / 作曲・編曲 - 徳永暁人 / 歌 - WAG

『最遊記RELOAD GUNLOCK』
「見つめていたい」
作詞 - 及崎森平 / 作曲 - 満園庄太郎 / 編曲 - 豊田稔 / 歌 - flow-war
「白の呪文」
作詞・作曲・編曲 - 徳永暁人 / 歌 - doa

各話リスト

話数サブタイトル話数サブタイトル
第1話弾は再び込められた〜Run〜第2話うごめく罠〜Wanted Dead or Alive〜
第3話史上最強の敵〜Lethal Weapon〜第4話最後の約束〜Negative Energy〜
第5話眠る思い出〜Voice〜第6話奪還〜Sad Memory〜
第7話小さな相棒〜Little Will〜第8話おいしい料理〜Poison〜
第9話落ちない城〜Self Defense〜第10話妖怪・玄奘三蔵〜Trick or Treat〜
第11話優しい面影〜Mother〜第12話神隠しの山〜Tiny Dream〜
第13話ほんの小さなちいさなお話〜Lovely Baby〜第14話暗闇のささやき〜Black Crow〜
第15話予感〜Secret Ambition〜第16話あしあと〜Opposite〜
第17話叶えられない願い〜Wish〜第18話哀しい絆〜Critical Day〜
第19話カミサマ〜Farewell〜第20話序曲〜Chase〜
第21話戦闘〜Don't Cry〜第22話砕かれたもの〜Pain〜
第23話オレ達のやり方〜Dawn〜第24話再戦〜Go Ahead〜
第25話決着〜Nothing to Give〜


関係タグ

前作:最遊記
次作:最遊記RELOAD BLAST

外部リンク

テレビ東京公式サイト 最遊記 RELOAD GUNLOCK
『最遊記RELOAD』公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「最遊記RELOAD」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145214

コメント