ピクシブ百科事典

月読命

つくよみ

遊戯王OCGに登場する闇属性・魔法使い族の効果モンスター。スピリットモンスターの1体で、召喚・リバースしたターンのエンドフェイズに手札に戻る。召喚・リバースした時、フィールド上の表側表示モンスター1体を裏側守備表示にする効果を持つ。
目次[非表示]
  1. 日本神話。→月読尊
  2. 遊戯王OCGに登場するモンスターカード。本稿で解説。

月読命(つくよみ)は、遊戯王OCGに登場する闇属性魔法使い族効果モンスターである。

概要

攻撃力1100。守備力1400。スピリットモンスターの1体で、召喚・リバースしたターンのエンドフェイズに手札に戻る。
召喚・リバースした時、フィールド上の表側表示モンスター1体を裏側守備表示にする効果を持つ。
モンスターカード版「月の書」とも言える効果で、手札に戻るため毎ターン使える。

  • 表側表示で存在することで効果を発揮するモンスターの効果を遮断。
  • 裏側守備表示にした守備力1100未満のモンスターを戦闘破壊。
  • リバース効果モンスターの再利用。
  • サウザンド・アイズ・サクリファイスとのコンボ。
と多くのことをこなすことができる。特にサウザンド・アイズ・サクリファイスとのコンボは強力だった。

アタッカーで守備力1100未満のモンスターは多くいるため、このカード1枚で反撃が可能であった。
禁止カードに指定される前はモンスターの守備力1100未満かどうかは「月読命ライン」と呼ばれ、重要視された。
そのため、守備力が1000の帝シリーズの評価は低かった。

登場した当時は全く注目されていなかったが、突然変異の利用者の増加、帝モンスターの台頭、その他様々な利用法が発見され使用者が急増したため、2005年9月1日の制限改訂でサウザンド・アイズ・サクリファイスと共に禁止カードに指定された。
1回きりの速攻魔法である月の書ですら制限カード(現在(2017以降)は無制限)であるため、禁止カードの中でも復帰が絶望視されているカードの1枚だった。しかし、スピリットモンスターとしての扱いにくさなどが考慮されたのかそうした予想を裏切り2012年9月1日の制限改訂で制限カードに緩和され、準制限カードを経て制限解除されている。

効果テキスト

スピリットモンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1100/守1400
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズに持ち主の手札に戻る。
このカードが召喚・リバースした時、フィールド上の表側表示モンスター1体を選択し、裏側守備表示にする。

関連タグ

遊戯王 遊戯王OCG 魔法使い族 効果モンスター 
八汰烏

pixivに投稿された作品 pixivで「月読命」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41917

コメント