ピクシブ百科事典

有野の挑戦

ありののちょうせん

有野の挑戦とはCS番組「ゲームセンターCX」におけるコーナー名の一つ。現在は同番組内におけるメイン企画となっている。
目次[非表示]

概要

フジテレビTWOフジテレビNEXTで放送されている「ゲームセンターCX」のコーナーの一つであり、現在ではメインコーナー。

有野晋哉扮する有野課長レトロゲームに挑戦してクリアを目指す(または一定条件を満たす)という分かりやすいものであり、微妙に下手な有野課長のプレイとその時のコメントなどがウリの一つ。コーナー名の由来は第1回目の挑戦ソフト『たけしの挑戦状』から。
必ずコーナーの始めに挑戦するソフトを紹介する。
有野が挑戦ソフトの発売当時のエピソードや豆知識を語ることがあるが、本人曰く「カスカスになるまでやった」ゲームでも「ブランクを経て」つまずく事が多い。

第1シーズンではコーナーの放送時間が短かったこともあり、内容もゲーム内での特定のアクション(××を倒す、××ボーナスを手に入れるなど)を目指すといったものが多かった。なお「有野の挑戦」と正式に銘打たれたのは第1シーズン第3回の『鉄騎』からで、第1・2回は特にコーナー名は付けられていなかった。

シーズン18終了後、通常回でのPS、セガサターン、3DOの解禁の宣言をしているが、一旦保留になった模様(後述する「挑戦ゲームの傾向」も参照)。

大体の場合は1回の放送につき1つの作品をプレイするがスーパーファミコンなど時間が掛かるソフトの場合複数回にまたがって放送されることもある。
一応、現在までの戦績としてはクリア(成功扱い)のものの方が多いがやはり凡ミスも多いのはご愛敬である。

挑戦ゲームの傾向

ゲームハード

選ばれるハードとしてはファミリーコンピュータ(純正のファミコンはRF出力しかないため、コンポジット出力に改造された特別仕様の物を使っているが、ごくまれに「Wii」や「WiiU」の「バーチャルコンソール」を用いてファミコンゲームに挑む場合もある)のものが多いがスーパーファミコンメガドライブPCエンジンなどから選ばれることもあるが、年代が新しいものではNINTENDO64PS2XBox(後者2機種は1回のみ)くらいである。
なお、プレステに関しては「解禁宣言まで挑戦は無かった」様に誤解されがちだが、実際はごく初期から不定期に挑戦していたため「挑戦候補の定時枠に入った」という表現が適切である。

ゲームソフト

有野自身は閃きや思考力を必要とするパズルゲームが得意であり、「パズル課長」と呼ばれることもある。「迷宮島」などのいわゆるアクションパズルゲームやアクションゲームの中のパズル要素が含まれる面などではその実力を発揮している。
得意ゆえに地味な勝ち方を嫌がる節があり、それらの方法でクリアした場合は「気持ちが良くない」とぼやいたりする。
他には、クイズゲームやアドベンチャーゲームでは、第16シーズンまではスタッフ陣の好アシスト(番号札でのオーディエンス作戦)も相まって、この両ジャンルは全てクリアしている。

逆にシューティング系は特に苦手であり、番組内では「鬼門」とされている(それゆえか、番組内で挑戦したシューティングゲームで課長自身がクリアした例は皆無である)。

スポーツに関する知識も皆無で、漫画好きではあるが「キャプテン翼」などのスポーツ漫画は読んでいない。このためスポーツゲームに挑戦する時にもその影響が見られる。クイズゲームでもスポーツに関しては正解率が低い。

対戦型格闘ゲーム(ベルトスクロールアクションゲームも含む)も苦手で「ファイナルファイト」の回では「格闘アクションでは、一定以上の反射神経、連射能力が自分にはない」と語っており、『ストリートファイターII』ではダルシムを操って飛び道具の連発でクリアしたが、直後のスタッフとの五番勝負で完敗を喫し挑戦失敗となったほか、「餓狼伝説スペシャル」では、2人目の対戦相手に勝てないまま全キャラクターと戦ってしまったため、協議の結果「AD中山が隠しボスのリョウ・サカザキを出し、有野がこれを倒す」という内容に変更してかろうじて勝利、判定は挑戦成功となったが、余りにも当初の挑戦内容からかけ離れてしまったため、終了後にAD中山から「リョウを倒せれば全員戦ったも同然」とフォローが入った。

有野の挑戦の名言など

  • 課長ON…ゲームを開始する時に使う。
  • 課長OFF…ゲームの電源を切る際に使うが滅多に使われない。
  • 早く帰れるかも…死亡フラグ。大体の場合早く帰れない。同義に「昼飯前に終わるやろ」「晩飯までに帰れるかも」も。
  • パターン入った…「壁ハメ」(敵キャラをステージ端に追い詰めてプレイヤーが敵キャラに一方的にダメージを加える状態)が決まった際に発するセリフだが、実際決まっていなかったり、逆に敵キャラにハメられたこともある。
  • GAMEOVER(ガメオヴェラ)…「ゲームオーバー」のローマ字読み。ゲームオーバーの時に用いられる。
  • ファミコンやから大丈夫やろ…「古いゲームだから簡単にクリア出来る」とナメてかかった状態で、ろくな結果が無い。もっとも悲惨だったのは「高橋名人の冒険島」で、有野課長がクリア出来なかったばかりか、後始末(クリア画面を見せる)に対応したAD浦川を数日間も徹夜に追い込んでしまい、それだけでは済まず「ギブアップを連発してあまりに不甲斐無い」という理由で、有野課長は一時期「主任」にまで降格してしまった(のちに復帰)。


関連タグ

レゲー 懐ゲー ゲームセンターCX

pixivに投稿された作品 pixivで「有野の挑戦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2256

コメント