ピクシブ百科事典

木曾義仲

きそのよしなか

平安末期の武将の一人、源義仲の通称。
目次[非表示]

生没年 久寿元年(1154年)~寿永三年(1184年)
平安時代末期、信濃源氏武将
源義仲ともいわれる。異字体で木曽義仲とも書かれる。

概要

 河内源氏の一族、河内源氏の棟梁・源為義の次男・源義賢の子として生まれる。幼名は駒王丸
 幼少の時、父・義賢が兄・源義朝の長男・源義平に殺害され、斎藤実盛らによって、木曾の山中に匿われ成長する。通称を「木曾次郎」と呼ばれた。
 治承四年(1180年)、叔父・源行家のもたらした以仁王の令旨を得て平家追討の兵をあげ、寿永二年(1183年)、加賀国と越中国の境にある倶利伽羅峠において平維盛率いる大軍を敗り(砺波山の戦いともいう)、都落ちした平家に代わって入京する。
 朝廷の最高権力者・後白河法皇はその功を賞して「朝日将軍(旭将軍)」の称号を与えたが、その後の義仲の皇位継承への介入、兵糧の勝手な徴収などの粗暴な行為に都における評判はまたたく間に失墜、法皇は鎌倉に拠点を置く源頼朝に義仲追討の命を下した。
 寿永三年(1184年)正月11日、義仲は頼朝が派遣した源範頼・義経軍と戦って敗れ、近江国粟津ヶ原で戦死した。

容貌

「眉目形はきよげにて美男なりけれども、堅固の田舎人にて、あさましく頑なにおかしかりけり」
「色白う眉目は好い男にて有りけれども立ち居振る舞いの無骨さ、言いたる詞続きの頑ななる事限りなし」
(『源平盛衰記』)

関連人物

源義賢 - 父、源為義の次男。
中原兼遠 - 育ての親。
山吹 - 妻。兼遠の娘。
木曾義高 - 嫡男。
源頼朝源義経 - 従兄弟。
巴御前 - 妾。信濃国の武将とされる女性。
今井兼平樋口兼光根井行親楯親忠 - 配下。義仲四天王と呼ばれた。
覚明 - 右筆。

関連書籍

吾妻鏡 源平盛衰記 玉葉 平家物語
百錬抄 吉記

関連タグ

源平 富山 長野 諏訪大社
平安時代 日本史 歴史創作

pixivに投稿された作品 pixivで「木曾義仲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21202

コメント