ピクシブ百科事典

木魚

もくぎょ

木魚(杢魚)とは、仏具の一種である。
目次[非表示]

概要

 主として住職お経を唱える( 読経 )をするときにぽくぽくと打ち鳴らしている、木でできたの器具であり、リズムを整えるため、また、眠気覚ましに使用される( そのため過去において「睡眠することがない」と信じられていたの形を模している )といわれる。

成り立ちと旁

 この仏具は中国仏教( の一派 )の寺院で生まれた「魚板」という器具であるとされ、この形となったのは時代と言われ、日本には室町時代に伝わり、本格的に使用されるようになったのは江戸時代であるといわれる。
 また、をくりぬいて作成されるが、その木材を乾燥させなければならないため製造には長い( 具体的には3年から10年も! )時間がかかるといわれる。

楽器として

 また、すでに清朝などでは楽器としても用いられたとされ、日本でも歌舞伎等で用いられ、現代においても同様の使用例が存在する。
 楽器としての分類としては鳴り物であり、具体的にはスリットドラム( 木に割れ目を入れて作られる木製太鼓、ウッドブロックなどと同じ分類 )の一種であり、パーカッションに分類される。

関連イラスト

木魚?



関連項目

仏教
楽器

参照

wikipedia:同項目

pixivに投稿された作品 pixivで「木魚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 150959

コメント