ピクシブ百科事典

杉村弘樹

すぎむらひろき

杉村弘樹とは、小説『バトル・ロワイアル』の登場人物。
目次[非表示]

概要

城岩中学校3年B組 男子出席番号11番

容姿

クラス一背が高く、180cmを超えるひょろりとした長身で強面。
髪型は、原作小説では癖っ毛とされているが、髪の長さはあまり具体的には描写されていない為、映画版では短髪なのに反し、田口雅之漫画版では長髪となっている。原作小説を対象としたイラストサイトでは、短髪となっている場合が多い。

すぎむらひろき



性格

強面の外見と口下手なところから誤解されているが、実際は内気で穏やかな少年である。中国の詩集を読むのが趣味。幼いころはいじめられっ子であったが、現在は拳法道場に通っており、その腕前はかなりのもので桐山和雄と渡り合うほど。
千草貴子とは家が隣同士の幼馴染で、男女の枠を超えた親友関係。その為、一部のクラスメイトからは恋人同士と誤解されているが、当の本人はクラスメイトの琴弾加代子に密かに恋心を抱いている。他に七原秋也三村信史などと仲が良い。
プログラムでは殺し合いに乗らず、ひたすら千草と琴弾を探して島中を奔走し、作中のほぼすべての主要人物と接触する。

杉村

貴子と杉村


親友



漫画版

幼少期は苛められっ子で、その現場を見ていた貴子から檄を飛ばされた事がきっかけで拳法を習い始める。結果、プログラム直前の頃には『神童』と称されるほどに拳法の技術を体得した。
ただ、元来の内気さと暴力を恐れる内面から、師範に迷いを指摘される事も少なくなかった。
七原秋也と知り合ったのはその頃からであり、当時から自分の『正義』に一点の迷いも見せない
純粋さに惹かれて友人となる。

琴弾加代子とは、登校中に偶然拾った子猫の面倒を一緒に見てくれたことがきっかけで彼女の事を想う様になる(その猫は、今では杉村家の飼い猫となった)。貴子の死を看取った彼は、秋哉や川田の計画する脱出に賛同する姿勢を見せるも加代子を見つけ出すまで戻らないという意思を示し、別行動をとることになる。

関連タグ

バトルロワイアル バトル・ロワイアル

pixivに投稿された作品 pixivで「杉村弘樹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18181

コメント