ピクシブ百科事典

李白

りはく

中国の唐中期に活躍した詩人。字は太白。号は青蓮居士。旅に暮らして酒と月と伝説を愛し、「詩仙」と呼ばれた。

概要

中国古代、中期の詩人
「詩仙」と称され、世界史の中でも有数の大詩人である。

史上稀にみる好き。
「酔っぱらって水に映ったを取ろうとして溺れた」という俗説があるというほどである。

絶句を得意分野とし、警抜な着眼やひらめきを短い詩型に結集させた。
また古体詩では、奔騰する詩想を縦横に、雄大に展開した。
李白と言えば豪快奔放な作風という印象があるが、彼の挫折の人生の軌跡に沿って見ると、李白の詩風や人物像はそれほど単純に割り切れず、ますます複雑多様な魅力を持つ存在であることがわかる。

関連タグ

漢詩/唐詩 白髪三千丈 月下独酌
杜甫(李白と並ぶ同時代の大詩人。性格・詩風は正反対だが、交友関係があった)
松尾芭蕉 杜甫の影響を強く受けており、杜甫の詩を踏まえた俳諧を多く詠んでいる。
酔っ払い

pixivに投稿された作品 pixivで「李白」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 540723

コメント