ピクシブ百科事典

杏ほむ

きょうほむまたはあんほむ

杏ほむとは、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の登場人物、「佐倉杏子」と「暁美ほむら」のカップリング。
目次[非表示]

概要

詳しくはほむあんにて。
イラスト等もこの二人の組み合わせは基本的に受け攻め関わらず、ほむあんタグをつけることが多い。

杏子としては共闘するならもう少し仲良くしたかったためか、利害の一致と評するときに少し寂しげなトーンで語っている。
また、杏子からしてみれば自分の祈りの為に戦うほむらは、杏子自身が成り得る中での魔法少女としての理想であり、最期にそれを突き通せと言っている。

まどかを魔女の結界へ連れ込み彼女を死の危険に晒した杏子に対し何の敵意や軽蔑を下さないというほむらの扱いは、破格の待遇である。

叛逆の物語で杏子の結界が柔軟で爆風を防ぐのに適していない可能性が高まり、9話終盤にて杏子がほむらが彼女を見捨てていくことを想定せず、彼女を救おうとしていると考えていたという説に傍証を与えた。詳しくは9話を視聴のこと。

フェアウェルストーリーより、マミと組んでいた時代に自分達二人ならワルプルギスの夜を倒せると語っているあたり、ほむらからワルプルギスの夜を倒す共同戦線を持ちかけられたことは単なる縄張りの問題以上のものがあるとも推測される。

一方のほむらは、秘密主義として杏子が歩み寄ってくるのはある程度煙に巻く一方
信頼などから起因する杏子への感情が比較的柔らかな態度として滲み出てしまっている。
そして、杏子の最期のセリフに反して、杏子を失ったことで感情を顕わにしてしまう。

気持ち自体がある程度向かい合っているのに、状況などのせいですれ違ってしまっている点でマミあんとも共通している……かもしれない。

余談

ほむらの時間停止魔法には期限があり、それが使えないほむらは弱小魔法少女となってしまうことがインタビューより推測される。
原作に於いては目的を自力で遂げることは無く、まどかが世界を改変する事でほむらは普通の(あるいは強力な)魔法少女となったが、もしまどかの契約なしにワルプルギスの夜を越えられた場合でも以上の理由より、下手をすると彼女は自分でグリーフシードを稼ぐこともできなくなるだろう。
そこでほむらの分のグリーフシードまで稼げる魔法少女が居るとすれば、実力者である杏子もしくはマミくらいだろう。
もし共闘した仲間が死を待つ存在となったとしたら、彼女たちはどうするだろうか?

ちなみにこの問題に関しては、原作に於いては「それ(ワルプルギスの夜)が終わればこの街を出ていく」と言っているのみである。

叛逆の物語

以下の記述は叛逆の物語のネタバレを含みます。





叛逆の物語はほむらが実質主人公として動くため、必然的だろうか彼女が最も信頼する杏子と行動する機会が増える。
そのためか杏子からほむらへ食べ物が数回渡されている。
佐倉杏子の食うかい?の項に記載するには多いのでこちらに記載する。
ちなみに本編ではRocky(劇場版ではイチゴ味)を差し出しており、受け取ったかは不明(漫画版オマケイラストでは無表情で食べている)
一連の共にした行動の中、フライドポテト、マーブルチョコ、ペロペロキャンディを差し出しており、
これらを全て受け取っている。
ちなみにフライドポテトは食べていれば間接キスである。

また、フライドポテトを渡すシーンにて、風見野で自分の行きつけの美味いラーメン屋に行くからそこで晩飯を奢れと言っている。 その後ラーメン屋はおろか風見野に辿りつく事も出来なかったこと、元からのこの二人のイメージなどから、この二人がラーメンを食べているイラストが描かれることも少なくない。
ちなみにこれを連想する人も少なくはなかったようだ。

屋上にて五人で弁当を食べるシーンがあり、さやかの弁当にはソウルジェムを象ったおかずがあるが5個入っているにも関わらず、桃色、赤、黄色が一つずつと青が二つと何故かほむらの色だけない状況であったが、さやかの家に居候している杏子も入っていた中身が映っていないながらも弁当箱を持っているため、同じような中身で、おかずが桃色、赤、黄色が一つずつと紫が二つ入っていた可能性がある。 さやかとほむらの関係が悪くは無いことを考えると、さやかの親があの弁当を作っていない限りそう考えるのが自然だろう。


関連イラスト

【まどか】赤黒☆バレンタイン【マギカ】
Day of Walpurgis Night!!
こ、こら…!やめなさい
とっ捕まえた!!
魔法少女が作戦会議をしているようです。
あんほむ
魔法少女まどか☆マギカ 第一回ワルプルギス対策会議
無題



関連タグ

魔法少女まどか☆マギカ 百合 ほもあん ほむオフェ リリ杏

関連カップリング

佐倉杏子

↓表記/相手→美樹さやか暁美ほむら鹿目まどか巴マミ百江なぎさ
自分が攻め杏さや(紅騎士と蒼髪姫)杏ほむ杏まど(藍と悠木が勝つストーリー)杏マミ杏なぎ
自分が受けさや杏ほむあんまどあんマミあんなぎ杏
↓表記/相手→千歳ゆま上条恭介志筑仁美Charlotte鹿目タツヤ
自分が攻め杏ゆまきょうきょう杏仁杏シャル
自分が受け(きょうきょう)タツ杏

暁美ほむら
↓表記/相手→鹿目まどか佐倉杏子巴マミ美樹さやか
自分が攻めほむまど(黒騎士と桃髪姫)ほむあん(ほむ杏)ほむマミほむさや
自分が受けまどほむ(わたしの、最高の友達)杏ほむマミほむさやほむ
↓表記/相手→暁美ほむら百江なぎさキュゥべえ鹿目タツヤ
自分が攻めほむ×ほむほむなぎほむQ
自分が受け(ほむ×ほむ)なぎほむタツほむ

• 三人組
生存組 ベテラン組 両者とも巴マミを含めたもの。
4話以降の魔法少女組として美樹さやかを含めるパターン、
PSP版杏子ルートなどに見られる鹿目まどかを含めるパターンのイラストも存在するが、タグが存在しない。

外部リンク

他のカプスレより考察寄りである。 改編後ネタの際、マミが入ることも多い。

pixivに投稿された作品 pixivで「杏ほむ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1351962

コメント