ピクシブ百科事典

東仙要

とうせんかなめ

東仙要とは、漫画・アニメ『BLEACH』のキャラクター。

概要

CV:森川智之

元護廷十三隊九番隊隊長兼元瀞霊廷通信編集長。
尸魂界篇当初は戦いを好まない温和な隊長という印象を与え、実際に剣八やマユリのように相手を痛めつけることなく雨竜を倒した。狛村とは行動をよく共にしており、藍染の死体確認や剣八の制止にも共に向かっている。しかし実際は藍染の反乱に加担しており、虚圏撤退時には狛村の訴えをも無視して
離反した藍染に従う。そして、虚圏統括官として破面たちを管理する手伝いをしていた。ワンダーワイスにはよく懐かれており、本人も世話を焼いていた。(純粋なものは互いに引かれ合う、とのこと)
流魂街出身。生来からの盲目であり、コーンロウと褐色の肌が特徴の平和主義者。正義の根底には、慕っていた女性が死神を志しながらも死神同士のトラブルで殺害された過去から、亡き彼女の正義を貫こうとする想いが自身にとって大きな行動原理になり、「絶対の正義」である事にこだわっている。

嫌いな人物(剣八やグリムジョー)に対しては激しい敵意を剥き出しにし、攻撃も厭わないが親しいものに対しては深い情を持ち、面倒見も良い。
隊長としては優れた人物で、副隊長の檜佐木を弟子として育て、戦士としての師匠として敬愛されている。檜佐木に戦いが怖いと訴えられた際には、恐怖は戦士に必要なものだと説き、「自分の握る剣に怯えぬ者に剣を握る資格は無い」と教えた。

統括官としては破面の統率の他メノスの管理・育成を行い、一体一体に名前までつけてかなり手をかけているというおもしろい一面も。
また、意外とお茶目であり、アニメでは斬魄刀である清虫の解放の仕方を間違えて本物の鈴虫を大量に読んでしまったことがある。

護廷十三隊七番隊隊長の狛村左陣とは死神になる前に出会い、心を通わせた友であった。狛村に対しても友情を感じていたが、いずれ敵対することになると覚悟していた。

決戦にて狛村・檜佐木と戦い、二人を追い詰めるも隙をつかれて倒される。二人と和解したのちに壮絶な最期を遂げた。

関連タグ

BLEACH

pixivに投稿された作品 pixivで「東仙要」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 146889

コメント