ピクシブ百科事典

東光太郎

ひがしこうたろう

君はエースじゃないか。どんなピンチにも耐え抜いて投げ抜く、それが本当のエースじゃないのか!?
目次[非表示]

東光太郎とはウルトラマンタロウの主人公、及び登場人物である。

演:篠田三郎

概要

本作品の主人公22歳。元々はボクサー志望で世界中を旅しながら修行していたが、海外でアストロモンスの幼体であるチグリスフラワーの種を手に入れたのを契機に日本でプロになることを決意、白鳥船長の船に乗り帰国する。

※この時光太郎は白鳥船長の船のクルーになること条件に乗船していたが、東京湾に付く早々に海へダイブして約束を反故した。チグリスフラワーも検疫を行っていないので、登場早々に『密航』、『密輸』、『詐欺』をやらかしていることになる。

偶然上陸してきた超獣オイルドリンカーを港のクレーンで撃退。白鳥船長たちから勇敢さを称えられ「白鳥家に少しの間暮らさないか」と持ち出されるが、自分の力で行きたいと断ってしまう。チグリスフラワーを植えて野宿していたが、チグリスフラワーがZATの戦闘車両ラビットパンダを襲撃したので、チグリスフラワーを怪しんだZATのスーパーナパームで焼き払われてしまう。近くで眠っていた光太郎も危うくバーベキューにされかかり、怒って北島隊員に殴りかかるなどの行動に出る。この時後の「スワローキック」の前身となる動きを披露している。直後、側にいた南原隊員まで殴り掛かった。(さらに『傷害』と『公務執行妨害罪』まで付いちゃったよ。ただし火傷などしていた場合相手方も『業務上過失傷害』が発生している可能性があるのでおあいこであろう。トンデモな奴なので死ぬことはなく業務上過失致死には絶対に至らなかったと思われる)。

その後、登場したアストロモンスの正体を知り責任を感じて生身で挑み、飛び去るアストロモンスの足に飛びつきナイフを刺したり噛み付くなどの攻撃をするが、怒ったアストロモンスに振り落とされる。落ちた先がバッティングセンターだったのでネットに引っかかり「いてえなあ」で助かった(※普通助かりません)。翌日、通りがかった白鳥さおりと子供たちに発見され、「緑のおばさん」(正体はウルトラの母)を紹介してもらって治療してもらい、ウルトラマンタロウへの変身アイテムであるウルトラバッジを授かる。(白鳥さおりと初対面時に「綺麗だ」と言ったことでほぼ両想いのような関係になる)その後方法は不明だがZATに入隊し、初日からアストロモンスとの交戦中に乗機が撃墜されて死にかけるが、ウルトラの母によってウルトラマンタロウとなり地球防衛の為に戦っていくことになる。アストロモンスの撃破後は朝比奈隊長から白鳥家を紹介してもらい、さおりと再会。ほぼ両想いのさおり、弟分の健一と3人で過ごすこととなる。

1話ではトンデモないことをいっぱいやらかしているが、2話以降の性格は、ウルトラシリーズ歴代主人公の中でも品行方正で真面目で、下宿先の白鳥家を始めご町内でも人気者である。ジレンマ(ナメクジ)が光を吸収するのを知らずZATガンで撃ち巨大化させてしまう、大輔少年に植物ラジオを渡してマシュラ誕生の原因を作るなど後先考えない行動を取って本来発生せずにすんだ怪獣を発生(発生した怪獣は当然被害を出している)させたりその遠因となったこともあるが、咎められた形跡はない。ボクサーの夢を諦めておらず、トレーニングは欠かさずに時折公式戦にも出場している。だがそのために任務に支障をきたしちゃいかんだろう。
なお、ジレンマの発生原因が宝石を持ち帰った光太郎にあることになってしまうため、さおりは頑なにZATへの協力を拒み宝石を所持し続けた。説得するためとはこの話ではさおりにビンタをくれている。

またテンペラー星人が襲来した際は機転を利かせて独力で倒したことから思い上がり、他のウルトラ兄弟から諫められるも聞く耳を持たず、再度現れたテンペラー星人を追い返すなど成果は出したもののチームワークを完全に無視した行動をとっていた。テンペラー星人の逆襲に遭い、さおりに憑依したテンペラー星人により捕縛され人質にされてしまい、光線を浴びせられて死の苦しみを味わったことから改心した。

作中でも各話に登場する少年少女たちと交流を深める機会が多く、励まして立ち直らせるという面が強く出ている。しかし、自転車に乗れずバカにされていた少年を励まして協力するあまり、タイラントの接近を知らせるウルトラサインやZATの連絡に気づかないなど大きなミスを犯している(最終的にタイラントはあっさり倒されるのだが)。

最終回では健一少年に、人間の力で戦うことの大事さを教えるためにウルトラバッジを母に返し、変身しないでバルキー星人を倒した。もっとも、こいつが見られようが何しようが変身して戦っていれば健一少年の父は助かったはずであり(側にいた北島哲也は過去エピソードの状況証拠から正体を知っている可能性が高い。同乗した戦闘機の中で東が消え気付いたらタロウが現れた、これは普通確定である)、そんなこと言えた立場ではないとも思われる。
その後見聞を広める為にZATを除隊し放浪の旅に戻った。
壊滅させたコンビナートの賠償は石油会社が保険をかけていたであろうし請求されなかったであろうが、翌年から起こったオイルショックを考えると批判されていづらくなったのでは・・・・・・などと邪推するのはやめておこう。
ちなみにラストシーンの見送りにはZATの面々しかおらず、さおりの姿はなかった。ヒロインの出番もなく終了とは寂しいシーンだ。


ウルトラマンメビウスの時代には、Uキラーザウルスとの戦闘でウルトラ4兄弟が変身不能となった為に、ウルトラの星から要請を受けてウルトラマンタロウに復帰。メビウスを始め後進の育成に務めているとのこと。このとき分離していないとすると、現在は光の国に在住していることになる。

その超人ぶり

アストロモンスに生身で挑む他にも、普通なら死んでいるような現象や、何度も怪獣相手に飛びかかっていくという無謀な暴挙を繰り返している。

  1. ライブキングの鼻の穴からクシャミで吹き飛ばされて数十メートル飛ばされるが、木に引っかかり「おーい」で済ませる。しかも健一の愛犬ポチまで助かっている(普通死にます
  2. ジレンマの舌に捕まり振り回される。
  3. ビルから何十メートル離れた位置にいるアリンドウの触覚に飛び乗りゼロ距離射撃を食らわし、再度ビルに戻っている(※普通できません
  4. 棒高跳びで54メートルもあるボルケラーの角に飛び乗る。さらにZATの攻撃の流れ弾が頭部周辺に命中しまくっている(※普通死にます
  5. 空中から脱出し数十メートル下にいるフライングライドロンのお腹に飛び乗りゼロ距離射撃。怒ったフライングライドロンに振り落とされて川に叩き落とされる(※普通死にます
  6. 竹の反動で48メートルもあるロードラの鼻先に飛び乗り竹槍で攻撃、怒ったロードラに叩き落とされる(※普通死にます
  7. ヘルツの肉片を採取するために足に飛び乗ってナイフで攻撃。怒ったヘルツに跳ね飛ばされ踏まれるが土踏まずだったので助かる(※普通死にます
  8. 生身でバルキー星人に挑み、コンビナートの油を被ったバルキー星人を銃撃して倒す(※代償にコンビナートは壊滅しました

なお、光太郎のみならず、この世界では一般市民ですら生身で槍やらロープやらバレーボールで怪獣に挑むことがザラにある。お前ら人間じゃねぇ!!

ULTRAMAN

「今の俺に『光』の文字を拝する資格はない…
 だから ただのタロウと呼び捨ててください」

ここでも、東光太郎という人物が登場する。

ただ、この作品は『ウルトラマン』最終回後にウルトラ戦士がやってこなかったというIF展開を描いたものであるため、本編の東光太郎とはパラレル世界の別人の関係にあると思われる。

アメリカニューヨークで写真家として活動している青年
自分の撮った写真で真実を伝え、社会を少しでもより良いものにしようという熱い思いを秘めた熱血漢だが、友人のデイブからはヒーロー気取りの行いとして冷めた目で見られている。

とある銀行強盗に襲撃された際、その現場を撮影した際に写真に異星人らしき影が写っていたことから、地球が異星人の脅威に晒されているのではないかと考えるようになるが、周囲からはまったく相手にされなかった。その後も独自に調査を進めていたが、決定的な証拠を掴むことはできなかった。

そんなある日、飲んだくれて夜道を歩いていたところ、異星人から購入した謎の薬品を服用し、凶暴化した男と遭遇、とっさにその姿をカメラに収めるものの、攻撃で腹部を貫かれ、殺害されてしまう。しかし、襲撃の際にたまたま近くに落ちていた薬品の瓶が割れて中身が漏れ出し、光太郎の身体に吸収されるという現象が発生、程なくして光太郎は傷が完治した状態で奇跡の復活を遂げることになる。

薬の作用により超人的な力を得た光太郎は、憧れの存在であるウルトラマンを模したスーツを身に纏い、デイブの協力も得ながら薬品を服用して狂暴化した人間から市井の人々を守るヒーローとして自警活動を行うようになる。

しかし、そのことを目障りに感じた侵略者集団「暗黒の星」のメンバーであるドルズ星人によってデイブを拉致され、目の前で殺害されてしまう。そのことで未知の力を覚醒させた光太郎は、ドルズ星人と彼の配下として活動していた人間を吹き飛ばして辛くも難を逃れることに成功する。
その後、光太郎は、アダドレッドから、自分を襲撃した者の正体と彼らの目的が地球の侵略にあることを知らされ、友人の敵討ちと地球の未来を守るべく、“ウルトラマン”として戦いに身を投じていく決意を固める。

ハンドメイドスーツ

光太郎が自作した、ウルトラマンを模したスーツ
あくまで光太郎が自分の正体がバレないようにするために作り上げたもので、ウルトラマンスーツとは異なり、特殊な機能などは一切備わっていない。

頭に2本の角が付いているのがポイントだが、これは「角が付いていた方がかっこいい」という光太郎のこだわりによるものである。

自分で制作したスーツでヒーロー活動を行うというところが、実にアメリカらしいという声も

その他


関連イラスト

ウルトラの母は太陽のように
ZAT 東光太郎(登場ver.)



関連タグ

ウルトラマンタロウ
ZAT 朝日奈勇太郎 荒垣修平 二谷一美 北島哲也 南原忠男 西田次郎 上野孝 森山いずみ
白鳥さおり 白鳥健一
ヒーロー戦記 南光太郎

pixivに投稿された作品 pixivで「東光太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28752

コメント