ピクシブ百科事典

東方儚月抄

とうほうぼうげつしょう

東Projectの漫画および小説作品シリーズ。本編となる漫画版、本編の裏側や関連エピソードなどを語る小説版、本編から外れた番外編的扱いの四コマ漫画版の3つが存在し、主人公は作品ごと・エピソードごとに異なる。本編は2007年7月~2009年5月までComicREXにて連載された。
目次[非表示]

概要

「東方儚月抄」とは、pixivでは東方Projectの公式書籍である東方儚月抄関係の作品につけられるタグとしても用いられる。原作『儚月抄』では、東方永夜抄のキャラや設定を下敷きに様々なストーリーが描かれる。
タグとしては主に依姫豊姫綿月姉妹や、レイセンが登場する作品につけられることが多いほか、儚月抄のワンシーンをモチーフにした作品にもつけられることも多い。
pixiv上では省略形である儚月抄の方がタグとして圧倒的に多く使われている。


書籍情報

 儚月抄は漫画版、小説版および4コマ漫画版の3つのバージョンがある。一迅社発行の雑誌にて連載され、現在では全ての単行本が刊行されている。


漫画版

 通称、秋枝月抄(あきえだっしょー または あきえだげっしょう。著者の秋★枝に由来)。ComicREXにて2007年7月号より連載され2009年5月号にて完結した儚月抄の主軸となる作品。上・中・底の全三巻。
 八雲紫が第二次月面戦争と称して月への侵攻を計画してから、霊夢レミリア達を巻き込み、月侵攻用ロケット建造、月面同時侵攻、そして綿月姉妹との戦いを経て第二次月面戦争が終結するまでの顛末が描かれている。
 最終巻が巻でなく巻であるのは、作品中に登場する住吉三神(上筒男命、中筒男命、底筒男命)に由来している。上巻のみ音楽CDが付録としてついている。また、第4回博麗神社例大祭(2007年5月20日)にて連載に先駆け、同人誌『東方儚月抄 Silent Sinner in Blue. -PROLOGUE-』が体験版として頒布された。
 余談だが、作中魔理沙マスタースパークが餅みたいであると評判になったが、書籍版ではきっちりと修正されそれっぽいエフェクトになっていた。


【上巻】
  • 発売日:2008年4月9日
  • ISBN:978-4-7580-6089-9
  • 付録:音楽CD
  • 収録曲:1.妖怪宇宙旅行、2.綿月のスペルカード ~ Lunatic Blue.、3.呑んべぇのレムリア (Retro ver.)

【中巻】
  • 発売日:2008年12月9日
  • ISBN:978-4-7580-6124-7

【底巻】
  • 発売日:2009年10月9日
  • ISBN:978-4-7580-6169-8

小説版

 通称、小説抄(儚月抄の中で唯一の小説形式を取っているため)。またZUNのファンからの渾名の一つが「骨」であるため骨月抄と呼ぶ場合も。キャラ☆メルにて創刊号(2007年6月)より連載されvol.9(2009年6月)にて完結した。
 儚月抄に関わる様々なキャラに焦点を当て、時として登場人物の過去にまつわる話も展開しながら漫画版とは異なった側面で第二次月面戦争の「裏」を徹底して描いた作品。四コマ版は本編に関わってこないため、実質こちらと漫画版を合わせ「東方儚月抄」となる。
 漫画版、4コマ版が書籍化される中、こちらについては書籍化の知らせがなく、同じく小説作品である東方香霖堂も書籍化の兆しがなかったためまさかこっちも書籍化されないのではとファンをハラハラさせたものの2009年12月に書籍化された。

  • 書籍名:東方儚月抄 ~ Cage in Lunatic Runagate.
  • 掲載誌:キャラ☆メル(一迅社)(完結)
  • 著者:ZUN
  • イラスト:TOKIAME
  • 発売日:2009年12月25日
  • ISBN:978-47580-1160-0
  • 付録:なし

4コマ版

 通称、うどんげっしょーうどんげっしょう)。まんが4コマKINGSぱれっとにて2007年8月号から2010年2月号まで連載されていた。本編には殆ど関わらず、鈴仙主人公として永遠亭日常を描いた番外編コメディーマンガ。
 漫画版、小説版はZUNが原作者として関わっているが、この作品に関しては「原案」として関わる程度であり、「キャラクターとかは指示した」とは語っているものの作品中のネタはその多くが作者であるあらたとしひら氏に一任されていたとの事。その為か、他の公式作品に比べ全登場キャラが非常にコミカルな性格になっている。


【上巻】
  • 発売日:2009年8月21日
  • ISBN:978-4-7580-8036-1(限定版)978-4-7580-8035-4(通常版)
  • 付録:鈴仙・優曇華院・イナバミニフィギュア(限定版のみ)

【下巻】
  • 発売日:2010年7月22日
  • ISBN:978-47580-8075-0 (限定版) 978-47580-8074-3 (通常版)
  • 付録:因幡てゐミニフィギュア(限定版のみ)



各作品ごとの内容と関係

漫画版

 上、中巻では、へ行こうとする吸血鬼巫女一行がロケットを完成させ幻想郷を飛び発つまでの様子、月から逃げてきた玉兎の動向、裏で暗躍するとその企みを挫こうとする永琳や月で備える月の使者の様子が描かれる。 
 中、底巻では、月で戦う霊夢一行と依姫、裏で動く紫と待ち構える豊姫、そして第二次月面戦争の顛末が描かれる。
 この漫画版単体だけでも一つの物語として楽しめるが、真相を知るには後述の小説版も併せて読む必要がある 。

小説版

 各話ごとに様々な登場人物(永琳輝夜豊姫妹紅レイセン妖夢など)が語り手となり、漫画版の裏で起こった出来事や語り手自身の思い・過去が語られる。漫画版の出来事の補完ができるとともに東方世界の新たな設定を知ることができる。
 他にも、小説最終話では漫画版の結末直後のことが描かれ、そこで紫の行動の真意が判明するなど、漫画と小説を併せて読むことで第二次月面戦争の全貌が見えてくる仕組みになっている。

4コマ版

 儚月抄の本筋に登場する場面(ロケット完成記念パーティーなど)が背景として使われるものの、ZUNはあくまで「原案」として関わるに留まっており、基本的には本筋と殆ど関係ない方向で日常の話が展開される。
 キャラクターの性格も曲者ぞろいの本筋とは異なり、鈴仙は真面目だが何かと悲惨な目に遭う不運キャラ、てゐは何かと鈴仙にイタズラを仕掛けるお調子者、輝夜はひたすら何かやろうとしたりすぐ飽きたりとフリーダム、永琳はことあるごとに鈴仙にお仕置きをしたり何かと妖しい薬を出したり、客として来た諏訪子を解剖しようとしたりとサディストでマッドサイエンティスト気味などコメディタッチになっており、設定的に二次創作に近い作品となっている。



関連イラスト

綿月家の日常
Team Moon Race


お披露目パーテー
師匠の真の名前


パーティー霊夢(儚月抄
月のイナバと地上の因幡



関連タグ

神主 ZUN 東方 東方Project 東方永夜抄 儚月抄 月のイナバと地上の因幡 東方紺珠伝

登場人物

月の都綿月姉妹(綿月豊姫 綿月依姫) レイセン 玉兎 月の都の門番(門番A) 嫦娥(東方Project) 月人
永遠亭八意永琳 蓬莱山輝夜 鈴仙・優曇華院・イナバ 因幡てゐ モブイナバ
永遠亭以外の地上側博麗霊夢 霧雨魔理沙 レミリア・スカーレット 十六夜咲夜 パチュリー・ノーレッジ 妖精メイド 八雲紫 八雲藍 西行寺幽々子 魂魄妖夢
その他登場人物藤原妹紅 上白沢慧音 森近霖之助 射命丸文

小説版にのみ登場
水江浦嶋子浦島太郎) 岩笠 木花咲耶姫 石長姫
4コマ版にのみ登場
紅美鈴 フランドール・スカーレット(と思しきシルエットのみ4コマ版にて) リグル・ナイトバグ 洩矢諏訪子 雨の妖精  アリス・マーガトロイド 上海人形

上記以外にも背景等に登場キャラ多数

登場地理

月の都 静かの海 豊かの海
地上幻想郷 博麗神社 紅魔館 永遠亭 迷いの竹林 香霖堂 白玉楼 妖怪の山 玄武の沢 人間の里富士山 八ヶ岳

関連項目

 月面戦争 アポロ計画 嫦娥計画 蓬莱の薬 蓬莱の玉の枝 ロケット(東方儚月抄) フェムトファイバー 月の羽衣

外部リンク

一迅社 東方儚月抄 official website
世界観・登場キャラクターの紹介の他、TOKIAME氏、秋★枝氏、あらたとしひら氏によるコメントとイラストが寄せられている。壁紙ダウンロードのコンテンツもあり。

pixivに投稿された作品 pixivで「東方儚月抄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1062054

コメント