ピクシブ百科事典

東方萃夢想

とうほうすいむそう

東方project第7.5弾となる作品で、2004年12月に頒布された。黄昏フロンティアとの共同作品であり初の格闘ゲーム。頒布は永夜抄より後であるが、時系列的に永夜抄より前の話であるためナンバリングは第7弾(妖々夢)と第8弾(永夜抄)の中間となっている。
目次[非表示]

東方Projectの作品『東方萃夢想 ~ Immaterial and Missing Power.』関連のイラストにつけられるタグ。
特に伊吹萃香関係の作品に付けられるケースが多い。また省略形である「萃夢想」の方がタグとして一般的である。
尚、萃夢想の「萃」の字が普通の変換では出ないため似ている字を使って「夢想」と呼ぶこともあるが、pixiv上ではこの呼び名が使われることは殆どない。

作品概要

『東方萃夢想』とは、上海アリス幻樂団黄昏フロンティアによって制作され、2004年12月に頒布された弾幕アクションゲームである。東方Project第7.5弾となる作品で、東方初の格闘ゲーム形式となっている。また、キャラクターグラフィックも従来のZUNによるものではなく黄昏フロンティアのalphes氏が担当しているため、絵的にもこれまでと大きく異なっている。(特に登場人物の一人十六夜咲夜はバストサイズが増えたように見えたため、そこからPAD長ネタが生まれた。)
 尚、第8弾である『東方永夜抄』(2004年8月頒布)よりも後に作られた作品であるが、本作は第7弾の『東方妖々夢』と『永夜抄』の間に起こった出来事と言う位置づけであるため7.5弾と言うことになっている。

副題「Immaterial and Missing Power」は「インマテリアル・アンド・ミッシング・パワー」と読む。
・Immaterial=重要ではない、非物質的な
・and=~と、そして~(接続詞)
・Missing=失われた、行方不明の、
・Power=力
直訳すると「形のない失われた力」か。
作中でなどに化けられる、かつての幻想郷の支配種族「」である「伊吹萃香」を指すものだと思われる。

ストーリー

伊吹萃香


長かった冬も、短いながら盛大だった春も、幻想郷から過ぎ去ろうとしていた。

あれほど山を薄紫色に染めていた桜はなりを潜め、既に深い緑に包まれていたが・・・

人間、妖怪、その他諸々が集まるお花見だけは、未だ繰り返されていた。

そのお花見は、幻想郷の少女を集めるだけではとどまらなかった。

宴会を行う度に、幻想郷に得体の知れない不穏な妖気が高まっていたのだった。

――だが、妖気は高まる一方だったが、まだ何も起きていない。

犯人は、動機は、全てが判らない。その目的すら判らなかった。

妖気が高まろうと、誰一人、繰り返される宴会を止めようとしない。

こうなると、宴会に来る人間、妖怪、全員が怪しく見えるのも仕方がないだろう。

次の宴会まであと3日しかない。

「次の宴会までには、必ず私がこの妖気の原因を突き止めてやる!」

システム

 本作は格闘ゲームということで、グレイズスペルカードなどといった東方おなじみのシステムも格闘ゲーム風にアレンジされたものとなっている。

ゲージ類

 本作では符力ゲージと霊力ゲージの二つのゲージが存在している。
 符力ゲージはいわゆるパワーゲージに相当するものであり、攻撃を当てるorガードさせる、または攻撃を食らうorガードするorグレイズすることにより溜まり、9本までストックできる。このゲージを使ってスペルカードによる攻撃を発動させることが出来る。
 霊力ゲージは射撃攻撃に必要なゲージであり、射撃攻撃(通常・必殺・スペカ問わず)を行うたびに技ごとに決められた量が消費される。また、相手の攻撃をガードすることでも消費される。射撃のしすぎやガードのしすぎでこのゲージが0となった場合、霊力ゲージが回復するまでボーダークラッシュ状態となり、この間霊力を消費する攻撃が一切出来なくなると共に、ガードについても特定の攻撃がガード不能になったりガードすると隙だらけになったり、削りダメージが発生ないし本来より増加するなど各種デメリットが発生する。このため、このゲージが0にならないように立ち回ることが重要となってくる。

打撃・射撃・グレイズ

 本作では、打撃・射撃・グレイズが三すくみの関係として成り立っており、ダッシュ、空中ダッシュ、高速ジャンプならびに一部の技を発動させることでキャラクターはグレイズ状態となる。
 本作では格闘ゲームで弾幕を実現するために射撃のワンボタンで複数の飛び道具を発生させることが出来るようになっている(当然、これとは別に飛び道具系の必殺技も豊富にある)。これにより、一般的な格闘ゲームでは考えられない量の飛び道具が飛び交うことになり、飛び道具よりも射程の短い打撃攻撃は基本的に打ち負けることになる。
 これに対し、グレイズ状態になっているキャラには特殊な飛び道具を除いた殆どすべての飛び道具が無効となる(通常射撃、必殺技、スペカすべて)。このため、無闇に射撃をしてもダッシュ等で容易に間合いをつめられ、最悪、硬直時間中に反撃を受ける羽目になる。また、打撃技の一部にもグレイズ属性が付与されているケースもあるため、そのような技を持つキャラに対して不用意な射撃は命取りになりかねない。ただし、グレイズ状態では打撃に対しては無防備になっている場合が多いため、無闇にダッシュなどをしても打撃で撃墜される羽目になる。(本作の打撃の威力は基本的に射撃より高いため危険である。)
 尚、これら三すくみの成立しない、グレイズ不能の射撃を攻撃手段としてもっているキャラも存在する。

スペルカード

 本作のスペルカードは、一般の格闘ゲームで言うところの超必殺技的扱いとなっている。
 各キャラとも壱符、弐符それぞれ三枚ずつ、合計六枚のスペルカードを持っており、プレイヤーキャラ選択時に壱符と弐符からそれぞれ一枚ずつ使うスペルカードを選択する。ストーリーモードやアーケードモードでは一度選ぶと、以降ゲームクリアかコンティニューするまで選んだスペルカードで固定される。
 本作でスペルカードを使うにはまず、符力ゲージが一本以上たまった状態でスペルカード宣言を行う必要がある。スペルカード宣言を行うと画面端にタイマーが現れ、このタイマーのカウントが0になるまでの間、スペルカード技を使うことが出来る。このタイマーが0になると、符力ゲージが0となり、以降そのラウンド中は溜まらなくなる。またこのタイマーのカウントは宣言時の符力ゲージ本数が多いほど長くなる。(ゲージ1で約18秒、ゲージ9なら80秒以上になる)
 使用できるスペルカードは最初は壱符であり、相手に一本とられると弐符が使える。弐符は基本的に壱符の強化バージョンであり、威力・性能ともに同系列の壱符スペカより高くなっている。スペルカード攻撃を行うごとに消費される符力ゲージは基本は一本であるが、中には一回のスペルカード攻撃で一本以上使うものもある。

 ストーリーモードにおけるCPU側が使うスペルカードは、プレイヤー側のスペルカードとは仕様が異なっている。
 まずは通常通り戦うことになるが、この際相手はスペルカード宣言をすることはない。その後、プレイヤーが一本取ると体力全快状態で起き上がり再び攻撃によってある程度体力が減った時点、ないし起き上がった直後にスペルカード宣言を行い、以降スペルカード攻撃をメインとした攻撃になる。この際、プレイヤー側のものとは違いCPUのスペルカード宣言には制限時間はなく、相手の体力を0にするまで攻撃は続く。(スペルカード取得用のタイマーは存在しているがこれが0になってもスペルカードの取得に失敗するだけで攻撃は続く。)また符力ゲージが切れることもない。さらに、スペルカード攻撃を行っている間は基本的にいわゆるスーパーアーマー状態となっており、こちらが攻撃しても攻撃は中断されない。(スペルカード攻撃の合間は普通の状態であるため攻撃すれば普通にのけぞる)体力が0になった時点でまた倒れるが、まだスペルカードを持っている場合は再び体力全快で起き上がりスペルカード宣言をして攻撃してくる。
 尚、ストーリーモードで使われるCPU側スペルカードの内容・順序はストーリーごとに固定されており、後の方で出てくるキャラほど多くのスペルカードを持ち(特に後半は2枚以上所有している)、同じキャラでは後のほうに使うスペルカードのほうが基本的にはより強力である。ストーリモードで登場するスペルカードはプレイヤー側では使用できない。

霊撃

 いわゆるボム的なものとして霊撃が用意されている。
 初期状態で互いに二つのボムストックをもっており、霊撃コマンド(全キャラ共通)を入力すると霊撃が発動し、ボムストックが消費される。ボムストックは相手に攻撃を当てた際、一定の条件を満たすことで入手できるボムアイテムにより回復するが二個以上は増えない。
 霊撃は何もない状態で出したとき、攻撃からキャンセルで出したときならびにガード硬直中に出したときで性能が変化する。

  1. 何もない状態で出した場合は発生まで完全無敵で攻撃力は0。ボーダークラッシュ中以外は当たれば霊力が全回復する。
  2. 攻撃からのキャンセルで出した場合には攻撃力が若干あり、さらに当たった相手は追撃可能な状態で上空へ吹き飛ぶ。また霊力も全回復する。さらに何もない状態のときより硬直が少なく隙がない。
  3. ガード硬直中に出した場合は完全無敵ではあるが攻撃力はなく、また当てても霊力は回復しない。さらに硬直が長いためガードされると反撃の危険が高い。
 このように、場合によって大きく性能が異なるため、適切に使うことが重要となる。

キャラクター

 『紅魔郷』と『妖々夢』での登場キャラ9名に加え、新キャラとしてラスボス伊吹萃香が登場する。また、2005年6月に配布されたVer1.10以降のパッチを適用することで追加キャラとして紅美鈴が使用可能となる。

既存キャラ(最初から選択可能)

れ~む(^q^)



東方Project主人公。不吉な予感を感じ妖しい奴を片っ端からぶちのめしていく。
攻撃力低めながらも主人公らしいオールラウンダー。

スペルカード

壱符弐符概要
霊符「夢想妙珠」神霊「夢想封印」相手をホーミングする光弾を何発も出す技。弐符の方が圧倒的に高性能。
夢符「封魔陣」神技「八方鬼縛陣」自分の周囲に上空まで延びる結界を展開。壱符は使い難い。
宝符「陰陽宝玉」宝具「陰陽鬼神玉」長時間攻撃判定が維持される光球を出す。コンボに繋げやすい。
----

まりさー☆スパーク



もう一人の主人公。最近の宴会の幹事を勤めていたが、怪しい妖気に気づき調査を始める。
扱いやすい技が多く、攻撃力も強いラッシュタイプキャラ。

スペルカード

壱符弐符概要
恋符「マスタースパーク」 魔砲「ファイナルスパーク」全霊力と引き換えに放つ超火力の極太レーザー。弐符は符力まで使い切る。
魔符「スターダストレヴァリエ」彗星「ブレイジングスター」箒にまたがり突進する技。弐符では一瞬画面外へ消えた後派手なエフェクトで突撃する。
儀符「オーレリーズサン」天儀「オーレリーズソーラーシステム」自分の周りにビットを展開する。展開しただけでは意味がなく、追加コマンドで攻撃パターンを指示して初めて攻撃が発生する。
----

時間操作



『紅魔郷』、『妖々夢』ならびに発表順的に『永夜抄』に引き続きプレイヤーキャラとして続投。宴会の際の妖気の調査のため行動している。
霊力を消費しがちで守りが弱いが、壁や床で反射するナイフ等トリッキーな攻めとコンボが豊富なキャラ。

スペルカード

壱符弐符概要
幻符「殺人ドール」幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」大量のナイフを放つ技。弐符はCPUには有効だが、対人では読まれやすく逆に使えない。
時符「プライベートスクウェア」「咲夜の世界」攻撃時のコマンドの入力の仕方で時を完全に止めるか、相手の動きをスローにするか選択できる。後者コマンドの方が高威力になるが発生までの隙がでかい。
傷符「インスクライブレッドソウル」傷魂「ソウルスカルプチュア」超高速で目の前をナイフで切り払う技。コンボに重要な技となっている。
----

シャンハーイ!



『妖々夢』、『永夜抄』から参戦。人間たちがいつまでも異常な状況を解決しようとしないため、仕方なく調査を始める。
ストーリーモードでは紫、萃香以外のボス格キャラを避けて話が進むため、萃香にそこを突っ込まれる。
人形を使って戦い、通常打撃の射程も異様に長い。中距離戦で特に強さを発揮する。ただし火力がかなり低い。

スペルカード

壱符弐符概要
魔符「アーティフルサクリファイス」魔操「リターンイナニメトネス」当たると爆発する人形を投げつける。弐符では上に判定が伸びる。
戦符「リトルレギオン」戦操「ドールズウォー」回転しながら剣を振り回す人形を壱符で6体、弐符で12体放出する。
咒符「上海人形」咒詛「蓬莱人形」人形から太いレーザーを撃ち出す技。ただし密着されると当たらない。
----

パチュリー



『紅魔郷』から参戦。例外的に全ての壱符と弐符でまったく攻撃内容が異なっている。
今回の宴会騒動をうけ、篭もりきりだった図書館から出てきた。
射撃に特化したキャラであり、遠距離では手がつけられなくなることもあるが、打撃は苦手で機動力と防御力が低い。

スペルカード

壱符弐符概要
火金符「セントエルモピラー」日符「ロイヤルフレア」壱符は相手の足元に大爆発を起こす火球を投げつける。弐符では画面全体を焼き尽くす。
土水符「ノエキアンデリュージュ」月符「サイレントセレナ」壱符では正面に向かって水弾を連射する。弐符では自分の周囲の地面から上に向かい結界のように弾幕を張る。
金土符「エレメンタルハーベスター」火水木金土符「賢者の石」壱符では自分の周囲に回転する鋸を発生させそれを伴いながらゆっくり山なりに飛行する。弐符では自分の周囲に五色のビットを展開、各ビットに対応した属性の攻撃が使用された際ビットがはじけて追加攻撃が発生する。

----

斬ればわかるわ



妖々夢、永夜抄より参戦。作中唯一の投げ技を持っている。
昔聞いた「斬ればわかる」という師匠の妖忌の言葉を文字通りに受け取ってしまい、片端から斬りまくる。
機動力の高い打撃特化キャラであり接近戦が非常に強い。さらには射撃攻撃の際にも打撃が同時に発生する。ただしリーチ不足。

スペルカード

壱符弐符概要
人符「現世斬」人鬼「未来永劫斬」一瞬で踏み込みすれ違いざまに斬りつける。弐符では相手をロックし切り刻む。ただしCPUのスペカ発動時にはロックが無効化されるため威力が激減する。
断命剣「冥想斬」断迷剣「迷津慈航斬」霊力をまとった楼観剣による強烈な一撃を浴びせる。打撃のためグレイズ不可。
魂符「幽明の苦輪」魂魄「幽明求聞持聡明の法」一定時間半霊を自分の分身として、自分と同じ行動をトレースさせる。壱符ではダメージを受けると解除されるが弐符では時間切れまで維持される。

既存キャラ(条件達成で選択可能)

溢れるカリスマ



紅魔郷、永夜抄より参戦。霊夢、魔理沙、妖夢のストーリーで登場。倒すと使用可能になる。
前科持ち(紅霧異変)であるため今回の犯人として疑われている。
本作では各ステージごとに昼・夜の選択が可能であるが、吸血鬼は日光に弱いという設定からどちらかがレミリアを使用した場合は昼を選択していても強制的に夜のステージになる。
グレイズ属性つきの高速打撃突進技をもち、火力も高い接近戦向けキャラ。射撃もそれなりに強い。
しゃがみガードが話題になった。

スペルカード

壱符弐符概要
紅符「不夜城レッド」紅魔「スカーレットデビル」浮き上がりながら周囲に十字架状のオーラを放出する技。技中完全無敵で対空判定は最強だが技後の隙もでかい。
必殺「ハートブレイク」神槍「スピア・ザ・グングニル」霊力で作られた特大の槍を高速で投げつける技。飛び道具だがグレイズ不可。
夜符「デーモンキングクレイドル」夜王「ドラキュラクレイドル」斜め上方に向かい錐揉みで突進する技。対空技の様だが攻撃判定が狭いため今一。
----

ひぁぅ!?



『妖々夢』、『永夜抄』より参戦。咲夜、パチュリーのストーリーで登場。倒すと使用可能になる。
本作は妖々夢の少し後の話であるため、紅魔館関係者から今回の犯人として疑われている。
有効範囲の広い攻撃を数多く持ち、かつ威力も非常に高い。反面機動力に欠けるため、カウンターを狙う戦い方が好ましい。

スペルカード

壱符弐符概要
死符「ギャストリドリーム」死蝶「華胥の永眠」自分を中心に360度全体に蝶弾を放つ。出始めが無敵なのでカウンター向け。
冥符「黄泉平坂行路」再迷「幻想郷の黄泉還り」壱符では空中にランダムに、弐符では相手の真下から火の玉を発生させる。
霊符「无寿の夢」寿命「无寿国への約束手形」相手に当たると相手の回りに人魂が複数出現し、すべて消えるまで一定時間少しずつ体力を減らす。自分がダメージを食らうかボーダークラッシュするとその時点で解除される。
----

式神「八雲藍+」



『妖々夢』、『永夜抄』より参戦。初期キャラ全員に対する中ボス的存在として登場。倒すことで使用可能になる。
今回の騒動の元凶を初めから知っており、一戦交えた後プレイヤーと萃香を会わせる。
各種攻撃の性能が高い反面、防戦に回った場合反撃手段が限られる。

スペルカード

壱符弐符概要
境符「四重結界」結界「魅力的な四重結界」出の早い全身無敵の打撃技。弐符では相手を自分に吸い寄せる引力が発生する。
式神「八雲藍」式神「八雲藍+」八雲藍を召喚し相手に体当たりをさせる。弐符では別コマンドでを召喚。呼ばれた橙は一定時間画面内を跳ね回りながら体当たりをする。
境符「二次元と三次元の境界」結界「客観結界」地を這う衝撃波を発生させる。衝撃波は画面端の枠(壁や上部の画面端も含む)を沿うように進み、一度発生すると紫がダメージを受けても消えない。壱符はコマンドで衝撃波の方向を選択可能、弐符では前後同時に放つ。

新キャラ

こ~れ~は~あ~た~し~の~だ~



今回の騒動の原因となったラスボス。倒すことで使用可能になる。
今回の騒ぎは、あっという間に過ぎてしまった春を惜しむ萃香が「密と疎を操る能力」で人を萃めていたことにより生じていた。
萃香のストーリーでは逆に自分を倒しに来る者を待ち構え、返り討ちにしていくが最終的に飽きた。
一撃の破壊力が尋常ではない反面、コンボが少ないパワーキャラ。

スペルカード

壱符弐符概要
萃符「戸隠山投げ」萃鬼「天手力男投げ」相手に掴みかかり、ヒットすると相手を掴んで岩を萃めつつ片手でぐるぐる振り回した後ぶん投げる。投げ技に見えるが実際は打撃投げでありガード可能。
酔符「鬼縛りの術」酔夢「施餓鬼縛りの術」鎖を投げつける。当たった相手はダメージを受けないが一定時間霊力が減り続ける。また弐符では相手の減った霊力に応じ自分の霊力が回復する。
鬼符「ミッシングパワー」鬼神「ミッシングパープルパワー」一定時間巨大化する。巨大化する際にも攻撃判定が発生する。巨大化時の行動は非常に緩慢であるが軒並み高火力。

追加キャラ(要パッチ)

萃夢想終風美鈴



『紅魔郷』より参戦。パッチを当てた状態で萃香の使用条件が満たされれば同時に使用可能になる。
ストーリーモードは存在しない。
コンボ系の打撃キャラであり、特に画面端に相手を固めると異常に強い。反面射撃は画面端まで届かず貧弱。

スペルカード

壱符弐符概要
彩符「彩光風鈴」極彩「彩光乱舞」虹色の竜巻を纏って回転しながら上昇する技。空中の相手に対してはカス当たりするため威力が激減する。
光符「華光玉」極光「華厳明星」正面にまっすぐ進む大きな光弾を放つ技。画面端まで届く。弐符ではボタン押しっぱなしでためることが出来、溜め中目の前に発生している光は打撃判定になっている。
華符「破山砲」三華「崩山彩極砲」壱符は凄まじい突き上げの拳撃で相手を上空に吹っ飛ばす技。弐符では両手を突き出す形の初段がヒットするとそこから鉄山靠、破山砲のコンビネーションとなる。吹っ飛んだ相手は追撃可能。場合によっては同じ技を再度当てることも可能。

楽曲一覧

曲名の「萃夢想」「東方萃夢想」

タイトル曲で使われている「萃夢想」、およびスタッフロール曲として使われている「東方萃夢想」は、ゲームタイトルと表記が同じなのでpixivでの検索がしづらい。

あきやまうに作曲

砕月最終ステージ会話
ZUN作曲
Demystify_Feast宴会直前のテーマ
夜が降りてくる ~ Evening Starセミファイナルステージ・八雲 紫のテーマ
御伽の国の鬼が島~Missing_Powerファイナルステージ・伊吹 萃香のテーマ


関連タグ

全般
東方Project 上海アリス幻樂団 黄昏フロンティア
東方妖々夢→本作→東方永夜抄 (東方project内の時系列)
既存キャラ
博麗霊夢 霧雨魔理沙 十六夜咲夜 アリス・マーガトロイド パチュリー・ノーレッジ 魂魄妖夢
レミリア・スカーレット 西行寺幽々子 八雲紫 紅美鈴
新キャラ
伊吹萃香

pixivに投稿された作品 pixivで「東方萃夢想」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 441492

コメント