ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

実際には存在しない武器兵器等のこと。特に巨大だったり大威力だったりするものには、超兵器タグが付いている時もある。

架空戦記における架空兵器

大体こんな感じである

  • 実際に計画されながら、「現在(当時)の技術では実現不可能」「作るだけの費用や運用コスト面等の予算的事情」「完成する前に戦争が終わった」「政治的事情」で断念された兵器
  • 完成はしたが、様々な事情(試験段階で中止等、その他上記の事情も)で量産はされずに実戦には投入されなかった兵器
  • 実戦投入まではされたが、大した戦果が上げられず、後継機が作られなかった兵器(代表例:超大型戦車、多砲門戦車等)。
  • 昔は主力兵器ではあったが、時代に合わなくなり、絶滅した兵器(代表例:戦艦)
  • ぼくのかんがえたさいきょうのへいき

日本の前大戦を扱った架空戦記ものでは、B29を越える超大型戦略爆撃機の富嶽や大和級戦艦を越える超々弩級戦艦や大和級航空母艦(実際は信濃は完成したのだが、実戦経験もないままに沈んだので、架空兵器扱いに近い)などが定番である。日本でも計画されたが、コストや原材料の入手などから断念された核兵器は、日本ではデリケートな問題ではあるが、一部ゲーム作品(提督の決断等)などでは日本の核兵器配備も実現可能となっている。

現実世界において

現実の軍事技術競争は「いかに架空兵器を実現させるか」の繰り返しであり、実際20世紀初頭以前の今でいう架空戦記ものの小説では飛行機や核兵器(とは明言されていないが、爆弾一つで街を壊滅させるような兵器)などが架空兵器として登場している。

現実の世界においては「ステルス戦闘機」「無人偵察機」などが比較的近年に実現した架空兵器の代表例であり、無人戦闘機や人型歩行兵器(ロボット)、レールガンなどは実現寸前までになっている。

逆に失敗した例でいえば、「陸上戦艦」「空中戦艦」など、これらは実際に過去に多くの国で構想されており、この点では日本も例外ではなく、前大戦時には「空飛ぶ戦車」なるものが計画されたことがある(なお用途としては空中戦を行う戦車ではなく、日本本土から大陸への輸送手段としてであった)。

現在のフィクションに登場する架空兵器が将来実現する可能性はなきにしもあらずである。

関連タグ

兵器 武器
戦車 戦艦 戦闘機 潜水艦 
創作 オリジナル 
架空戦記 架空軍服
pixivファンタジアⅢ PF3兵器 PA架空兵器 Pixiv-Army
地球破壊爆弾

MSV 機動戦士ガンダムシリーズにおける本編に登場しない「架空兵器」(一部は公式作品に登場もはたす)。ギレンの野望シリーズには「もしもゲルググでなくギャンが量産されたら」という設定でオリジナルのMS(ギャンキャノンなど)が登場している。

pixivに投稿された作品 pixivで「架空兵器」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 481473

コメント