ピクシブ百科事典

柴千春

しばちはる

柴千春とは、『グラップラー刃牙』のキャラクター。刃牙や花山とは違い才能を持たず、修練も行わず、ただその心とタフネスだけで強敵と立ち向かうチンピラの中のチンピラ。
目次[非表示]

概要と見せかけて—、事実—、書くのは概要なんだよなぁ

CV:西村朋紘
身長185cm、体重72kg。
暴走族「機動爆弾巌駄無(がんだむ)」の特攻隊長。格闘技経験は全くゼロの素人。その強さの秘密は並々ならぬ不良根性である。
刃牙曰く、その不良根性は気迫気骨気合根性土性骨負けん気矜持気概狂気無茶無謀がむしゃら向こう見ず無策無鉄砲…様々に言い表せようが闘志天翔、精神力だけで強くできるレベルを彼一人で押し上げているの評。
強くなるために鍛錬を積むことすら女々しいとする花山薫の人間像に憧れていて、格闘技を学ぶことすら女々しいと公言している。マイケル戦の前には試合を花山に贈ると述べ、試合後花山からの賛辞を受けてを流した。背中キングギドラアニメでは三つ首のドラゴンと説明)の入れ墨を彫っている。
因みに自称千春一の子分が10人以上いる人望が有り、東京マラソンに出場したら根性で優勝できると言うほど、その精神力には絶対の信頼を置かれている。

活躍

最強トーナメント1回戦、畑中公平戦で破壊されると、その腕を自ら更に破壊し、怖気づいた畑中を蹴り倒す。過去の抗争で敵のバイクに轢かれても戦い続けるなど、その耐久力は格闘のプロと比較しても勝るとも劣らない。
だが2回戦でのアイアン・マイケルとの対戦では自分で割った石膏で殴りつけ、目潰しを行い、その隙に互いのサラシで巻きつけるサラシデスマッチを決行。他ナイフを隠し持っていたり(使用したのは足のサラシを外す時のみ)、反則だらけの試合をする(とは言っても、千春自身はマイケルとの格の差を充分理解しており、マイケルと互角に渡り合う為にはこの対戦方法しかなかったと言うのが真相である)。最後はマイケルが「ブルックリン代表の喧嘩小僧(ファイティングキッズ)」を自称したことに感じる物があったのか、同じ不良同士として「きれいな喧嘩」をしようと宣言し、マイケルと真っ向から殴りあい、頭突きでマイケルの両拳を粉砕。セコンドの乱入(マイケルの反則はこれ一本である)によって反則勝ちとなった。ボロボロになりながらも勝利した後の姿は、キリストにも似た崇高な姿と称された。
辛うじてマイケルに勝利したがドクターにより試合続行不可能を宣告され、リザーバーのアレクサンダー・ガーレンと交代する。本人は納得いかずガーレンにかかっていったが、敵うわけもなく投げ飛ばされて天井に突き刺されてしまった。だが、結果としては公式戦では無敗のまま試合を終えた事になった。この後、範馬勇次郎麻酔の前に倒れたのを負けとすると、主要人物では唯一トーナメント無敗の人物である。

マイケルとの殴り合いから目覚めたのか、最凶死刑囚編ではナイフを使って喧嘩をしようとした若者を「負い目のなさが勝ちを生むんだ」と叱りつけている。その後は花山と親交を持っているようである。『バキ外伝 -疵面(スカーフェイス)-』では、総動員で参戦し、花山側に着いた。

第3部では花山の命令により、範馬刃牙を喧嘩の押し売りをするような形で襲撃する。刃牙は最初はナメてかかるのだが(この時点で既にマイケルよりはるかに強いのだから)、その不屈の闘志に触れ、勇次郎に挑む自分に足りなかったものを実感することとなる。

関連項目

ヤンキー 男の中の男 根性

pixivに投稿された作品 pixivで「柴千春」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 78030

コメント