ピクシブ百科事典

柴田勝家

しばたかついえ

織田家に仕えた戦国武将。
目次[非表示]

柴田勝家とは室町後期(戦国時代)から安土桃山時代に生きた戦国武将である。

概要

  • 生誕:大永2年(1522年?)
  • 死没:天正11年4月24日(1583年6月14日)


出自は不明、柴田勝義の子と言われるがはっきりしない。
はじめ織田信秀、ついで織田信勝織田信長の臣となる。
若年の頃から織田信秀に仕え重用された。信秀が死去すると、
信秀の子で信長の弟にあたる信勝の家老となり、同じく織田家跡継ぎであった信長と対立する。
しかし信長との合戦に敗れた後は信長に仕え、信勝を自刃に追い込み跡目争いを収束させる。
この時信勝の遺児津田信澄の養育を信長から任された。

その後は信長のもと美濃攻め、浅井長政攻め、
長篠の戦いといった織田家の主要な戦いのほとんどに参加し手柄を立て、
信長から北陸征伐の軍の指揮を一任されるまでになった。
長政に嫁いでいた信長の妹・お市が、浅井家滅亡で織田家に戻り、勝家と再婚した。

本能寺の変の際、上杉景勝の反撃にあい京都に向かうことができず、
やがて中国から引き返してきた羽柴秀吉明智光秀を討つと、
信長亡き後の織田家の方針を巡って秀吉と対立。
信長の三男織田信孝を擁立して秀吉らと戦うも、味方の足並みが揃わないまま徐々に勢力を減らされ、
与力(同僚)の前田利家金森長近らの裏切りによって、賤ヶ岳合戦に敗北。
居城北ノ庄城に戻り、お市の娘達を秀吉のもとへ送り届け、お市とともに自害した。

人物

瓶割り柴田の異名を取った猛将である一方で、秀吉に先んじて刀狩りを行うなど
為政者としても有能であったとされる。一方で裏切った前田利家に対して、
「秀吉とは親友であるから必ず下るように」と諭し、数年来の骨折りに感謝するなど、
戦国武将としては人に対して多少寛容すぎる側面を持っていたようである。
また当の秀吉に対しても、合戦中に救援を出したりと清州会議までの関係はそれほど悪いものではなかったと言われている。

柴田勝家(信長の野望

戦闘に関するパラメーターは高い。
しかし政治や知略の評価はいまひとつである。

柴田勝家(戦国無双シリーズ)

柴田勝家



鬼柴田、罷り通る!」

CV:竹本英史
武器:2本の大斧

戦国無双2』から初登場。(初代戦国無双では一般武将として登場していた)
固有グラフィックのNPCであり、プレイヤーが操作できないものの、隠し護衛武将でもあった。
2empiresでは既存の無双武将のモーションを組み合わせたオリジナルのモーションを与えられていた。
(ちなみに武器は槍)
後に『2猛将伝』にてプレイアブルキャラクターに昇格。

『2』では、血の気の多い猪武者という性格であったが、2猛将伝や『3』では主君である織田信長のために黙々と戦場を駆ける武人としての印象が強くなった。(自らを古き時代の遺物だと考えており、若い世代が自らを超える事を願っている節もある)

また、『2猛将伝』にて同じくPCに昇格した前田利家に対して親心にも似た感状を抱いており、厳格に叱責しながら戦国のなんたるかを教えている。
一方で、同じく信長の家臣である羽柴秀吉のことは、正反対な性格もあり毛嫌いしているが、その人を惹きつける力や戦略における才覚を認める節も見せている。

信長の妹・お市に対しては、内に秘めた恋心を抱いている。
『3猛将伝』での無双演武では、いつも戦場で前線に駆け出すお市のことを心配しつつ、小谷での長政を失うお市を気遣いつつ、強く生きるお市と共に生きるというシナリオとなり、まさに美女と野獣である。



柴田勝家(戦国BASARA

柴田勝家


CV:岡本信彦
武器:逆刃薙

4で初登場。
織田信長の家臣。以前に画策した謀反が失敗に終わり、未だ地位が低く、信長からは冷遇される。
しかし武勇・知略の双方に長けた武将で、剣豪でもある。

詳しくは「柴田勝家(戦国BASARA)」参照。

柴田勝家(決戦Ⅲ

CV:立木文彦
一本気で義理堅い猛将という設定。
最初は信長のことを「うつけを装う真のうつけ」と軽蔑していたが、
やがて信長の器を知りその家臣として活躍する。
この作品の勝家と秀吉のやりとりは他の作品とは違い結構おだやか・・・な方。

柴田勝家(戦国ランス

戦国とはパラレルな関係にある鬼畜王ランスでも登場、どちらにも織田家武将である。
どちらの勝家もロリコン趣味である。戦国~では同僚の乱丸に惚れられているが、
彼からすれば対象外だが、乱丸は戦災孤児の幼女を養子にすることで、
結婚することに成功する。ちなみに合法ロリも対象外という筋金入りである。
戦力としては攻撃より防御面に秀でた足軽部隊として重宝するなど、
見た目や言動は猛将だが、一般的な勝家のイメージとはまるで違うと言って良い。

柴田勝家(戦国大戦

柴田勝家


CV:弦徳

赤髭の猛将として描かれている。コストは3で武力9、統率力8で特技は攻城持ちと、「鬼柴田」の名に恥じぬ能力値である。
固有の陣計略である「掛かれ柴田」を持つ。陣を発動した自分自身が敵陣目指して強制的に一直線に進んでしまうようになるデメリットを持っているものの、範囲内の味方の武力を大きく上昇させる事が出来る為、大抵のぶつかり合いでは負ける事は無い。
そのデメリットゆえ、自陣の防衛は不向きであるものの、攻めで力を発揮する勇猛さと武骨な性格が表現された味わい深いカード。
掛かれ、掛かれいっ! 邪魔する者はなぎ倒せっ!

その他、織田家重臣という立場の関係上、織田家や戦国時代を取り扱う大河ドラマなど時代劇にも数多く出演している。

pixivに投稿された作品 pixivで「柴田勝家」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4692820

コメント