ピクシブ百科事典

栗田ゆう子

くりたゆうこ

栗田ゆう子とは、漫画『美味しんぼ』のヒロイン。
目次[非表示]

東西新聞社の新人社員。食に関する知識は無いが優れた味覚を持っている。それを認められて山岡士郎と共に東西新聞社創立100周年記念事業である「究極のメニュー」に関わり、食に関する知識を深めていく。後に士郎に惹かれて彼と結婚し、一男二女をもうけることになる。
士郎と結婚し「山岡ゆう子」になったが結婚後も同じ職場である為ややこしくなり、職場では旧姓の栗田で呼ばれる事を継続する事となった。

性格は温厚だが聡明な策士。美人で言い寄ってくる男も多い。
初期は控えめな性格だったが次第にハッキリ物を言うようになった。二木まり子は「カマトト」と呼んで嫌っていたが、彼女もゆう子の人柄と、士郎への献身的な愛に気付き、自ら身を引いた。
当初は割とツンデレっぽかったが、次第に言い寄ってくる男を良いようにあしらう策士な面も出てきた。雄山との対決で一計を案じたこともある策士。
初期の絵柄とは最早別人というほど顔が違うが、この漫画は性格が丸くなるのと反比例するように顔が四角くなるので仕方ない。pixivでは初期の絵柄の彼女の方が人気があるようだ。
元々グータラな士郎を制御できる数少ない人物とされていたが、結婚後は完全に士郎を尻に敷いている。というか、士郎曰く、彼の方も早い時期から惚れていたようなのだ(父親譲りで、彼も本音をいえないのである)。
周囲はみんな2人を結婚させようと仕組んでいたが、士郎が素直じゃないのと、鈍感なこと、また最初は原作者が2人の結婚で話を終わらせようとしていたことからなかなか進展しなかったが。
周囲から「山岡と栗田さんが結婚するなんて、神も仏もない」と言われて、士郎が「やかましい!早く頼んだものを!」と怒るのはお約束。もちろん、みんな相性抜群であることを知って言っているのだが、たぶん士郎は本気で怒っており、ゆう子はそんな夫を見て楽しんでいる
ゆう子はゆう子で士郎のことが好きで仕方ない(あまりにも彼が我が儘に振る舞うと怒り、実家に帰って、結局士郎が謝りにいく。やっぱり素直じゃないから口には出さないが)。
また、最初は海原雄山を嫌悪していたが、彼の性格を知るに従い理解を示すようになり、士郎と和解させようと裏で色々策謀を巡らす。やっぱり策士。

普段は平凡なコメントや会話だが、家計をエンゲル係数で表したり、山岡と二人で企業ゴロの事務所に乗り込んでハッタリをかます等、感情が昂ぶると少し独自な一面も持っている。

ネタ

夫士郎や義父雄山などに比べるとややインパクトに欠けるように見えるが、彼女は彼女で一つ強烈なネタを持っている。

それが『じゃ、こうしましょう。死刑』である。

本来のセリフはもう少し長くて、『じゃ、こうしましょう。用意した料理が美味しければ許す。まずかったら死刑』である。これは、結婚後の出産という現実に直面して怯んでしまった士郎と喧嘩になった際、仲直りの条件としてゆう子が提案したものである。もちろん本気の発言ではなく、結果として士郎はゆう子を満足させて無事仲直りできているのだが、普段通りの笑顔のままサラッと『死刑』という単語を使っているため、有名なネタとなった。

また、鍋料理対決で「シャッキリポン」なる珍妙な表現を使っており(34巻)、「どういう食感なんだろう」と、みんな疑問に思い、これもネタにされる。



余談

本編でもほとんど描写がないに等しい士郎の亡き母親がある回において雄山の追想の形で少しだけ描かれた時、その横顔がゆう子とそっくりだった。
雄山・士郎親子がゆう子に惹かれたのはおそらくこの事も関係しているのかもしれない。

関連タグ

美味しんぼ

pixivに投稿された作品 pixivで「栗田ゆう子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 223987

コメント