ピクシブ百科事典

核熱造神ヒソウテンソク

かくねつぞうしんひそうてんそく

行け! 僕らのヒソウテンソク!
目次[非表示]

説明しよう!

戦隊モノっぽく
嗚呼、ぼくらの



核熱造神ヒソウテンソクとは、守矢研究所によって開発された核融合エネルギーを動力とする

とてもクリーンなスーパーロボットである!

今日も悪の妖怪軍団から幻想郷を守る為に、戦え!ヒソウテンソク!






というのは真っ赤な嘘で、核熱造神ヒソウテンソクとは、東方非想天則のサウンドトラックCDである。
製作・頒布は黄昏フロンティア及び上海アリス幻楽団。

この、あたかもスーパーロボットアニメーション作品であるかのような特徴的な名称は、「東方非想天則」に登場する巨大妖怪型人形「非想天則」及びそれに対する東風谷早苗の発言に由来するものと思われる。さらに、ジャケットには東風谷早苗巨大ロボットが描かれており、名称と相まってスーパーロボット作品っぽさに拍車をかけている。尚、「東方非想天則」は弾幕アクションゲームであり、巨大ロボットは登場しない。

ちなみに、記事冒頭の謳い文句は本CDに収録されている楽曲の「ぼくらの非想天則」が往年のスーパーロボットアニメーションを彷彿とさせるような曲調であるために、それに触発されたファンによって考案されたもの。
公式とは一切関係ない…はずである。

巨大ロボットとしてのヒソウテンソク

非想天則[例大祭7集合絵]


CDのジャケットイラストにもマジンガーZっぽいカラーリングと形状の胴体とアゴに、
ビッグ・オーみたいな形状の黄金色に輝く頭部のロボットが描かれている。
モーニングスターのような武器を所持(学天則の霊感灯が元ネタ)。
このロボットが「核熱造神ヒソウテンソク」であると思われる。
pixivではこのロボットを描いたイラストにこのタグがつけられる。
後述するCD内の資料からデザインは細部まで確認することが出来るが、
pixivでは描き手のセンスにより多種多様なデザインで描かれている。

サウンドトラックにおける概要

ヒソウテンソク緊急発進!!

サウンドトラック「核熱造神ヒソウテンソク」の帯の裏側に描かれている4コマ漫画。
ここでのヒソウテンソクは空飛ぶ巨大ロボットとして描かれている。

ガレージキット

サントラCD用に作成されたと思われるヒソウテンソクのガレージキット。
ケースからCDを取り外すと、隠しキャラのように写真が出現する。
あきやまうに曰く、「気が付いたら何故かできていた」とのこと。
(上記4コマ漫画も、ヒソウテンソクだけはガレージキットの実写である。)

パッケージ案

ヒソウテンソクのプラモデルが作成された場合を想定したパッケージ案。
サントラCDに同梱されている資料として確認することができる。

ガンプラのパッケージがイメージされており、細かい小ネタが散りばめられている。

  • 製品名は「うごく巨大ロボット 非想天則」。
  • 「カッパのプラモデル」らしい。
  • パッケージ左下に東風谷早苗のイラストと共に「このキットにはコチヤ・サナエは入ってません」の記載。
  • 「Oh!!カッパスケール」「1:500カッパスケール」とのこと。(ガンプラ類似商品「太陽系戦隊ガルダン」のパッケージネタ)
  • アクションポーズが可能らしい。
  • 手足が自由に動かせるらしい。
  • 「ロケットキューカンバーパンチ」がうてるらしい。
  • 関節のつなぎ目から蒸気がもれるらしい。
  • 「幻想郷玩具協会」なるものが存在する様子。
  • 発売元は「間欠泉地下センター」。
  • 販売元は「ボーダー商事」。 ※この社名を半公式の資料内でみることになるとは驚嘆の他ない。

イラスト

上述にもある早苗と巨大ロボットが描かれたジャケットの他にも、4枚のイラストが同梱されている。


ぼくらの非想天則(Full ver.)

上述にもある「ぼくらの非想天則」のフルバージョン。
ゲーム中では一定のメロディラインが無限ループするだけであるが、曲の締めまでキッチリ作成されている。
しかも隠しトラックには、ボーカルに相当するメロディを省略した「カラオケ版」まで存在する。
これはもう、暗に「これで歌え!」といっているようにしか思えないのは素人考えだろうか?

関連イラスト

行けっ!ぼくらの非想天則!!
東方非想天則!!


グゥウウウレイソマタアアアァァァァアジ!!!!
東方非想天則最終話「さよなら非想天則」



関連タグ

東方 東方Project 非想天則 東方非想天則 ヒソウテンソク 学天則

pixivに投稿された作品 pixivで「核熱造神ヒソウテンソク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 376420

コメント