ピクシブ百科事典

桃城武

ももしろたけし

桃城武とは、「テニスの王子様」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV-小野坂昌也
ミュージカルキャスト
1st-森山栄治(初代)、加治将樹(二代目)、高木心平(三代目)、牧田哲也(四代目)、延山信弘(五代目)
2nd-上鶴徹(六代目※2nd初代) 、石渡真修(七代目※2nd二代目)
3rd-眞嶋秀斗(八代目※3rd初代)、吉村駿作(九代目※3rd二代目)

プロフィール

学校青春学園中等部2年8組16番
誕生日7月23日(しし座)
身長170cm
体重58kg
血液型O型
プレイスタイルアグレッシブ・ベースライナー
利き腕右利き
足のサイズ27cm 
視力左右2.0
ラケットMIZUNO(PROLIGHT P10 Ti Hyper)
シューズPUMA(アスピレーションPT0631 0020)
得意技ダンクスマッシュ・ジャックナイフ
家族構成父、母、弟、妹
父親の職業(家業) 公務員
出身小学校 鹿児島第三小学校
委員会 なし
得意科目 数学
苦手科目 英語、社会
座右の銘足らぬは余るよりよし
趣味音楽鑑賞・体感系ゲーム
好きな食べ物 エビカツバーガー、ベリーベリーココパルフェ
好きな色
好きな映画動物モノ
好きな本週刊少年ジャンプ
好きな音楽アイドルグループの曲
好みのタイプスポーツ好きの活発な子
苦手な物(事)地図を見て歩く事
よく訪れる学校のスポット購買部
行きたいデートスポット ゲームセンター
おこづかい使用例 買い食い
今一番欲しい物 ブランドのTシャツ
日課寝る前のダーツ・買い食い・早弁
テニス以外の特技瓦割り(8枚が自己ベスト)
1日の持参弁当4個


概要

テニスの王子様に登場する青学テニス部の選手。2年生。
「青学一のクセ者」。強い選手と戦えば戦うほど強くなる素質を持つ「噴火前の火山」(手塚国光談)。
豪快(ダンクスマッシュ)かつ繊細さ(ドロップボレー、ドロップショット)を持ち合わせたテニスを得意とする。

都大会編では、準々決勝聖ルドルフ戦は、海堂薫と共に木更津淳柳沢慎也ペアと対戦。 決勝山吹戦では、シングルス3で千石清純と対戦。圧倒的に不利な状況の末にジャックナイフを会得して勝利。

関東大会では、初戦氷帝戦時はレギュラー落ちしていたが、大石秀一郎の代打で急遽菊丸英二とダブルスを組んで忍足侑士向日岳人ペアと対戦。黄金ペアの十八番「オーストラリアン・フォーメーション」を使い勝利。準決勝六角戦ではダブルスで河村隆黒羽春風天根ヒカルペアと対戦した。決勝立海戦では丸井ブン太ジャッカル桑原ペアと対戦した。

全国大会編では、準々決勝で再び「氷帝のクセ者」忍足と対決。頭から流血しながらも、「読心」を使う。四天宝寺戦では金色小春一氏ユウジペアに翻弄されつつも海堂の必殺技である「スネイク」や「トルネードスネイク」なども披露、勝利した。決勝立海戦の時は、自身の試合の機会はなかったが、越前リョーマが軽井沢から戻れないと知ると、連れ戻して来ると言って試合会場を飛び出そうとし、リョーマの記憶喪失を回復させるために尽力した。

新テニスの王子様では、U-17青学メンバーとともに日本代表合宿に参加。
初めての入れ替わり戦で中学生から唯一選ばれ、鬼十次郎と対戦するがブラックジャックナイフを受け手首を負傷し、1ポイントも取れず敗北。その後、崖の上のコートでの特訓を経て、「革命軍」として2番コートに所属。忍足謙也とダブルスを組み、1軍の平・原ペアと対戦し勝利。1軍のNo.19のバッジを取得した。

特徴

口癖は「(〜しちゃ)いけね〜な、いけね〜よ」や「ど〜ん」。
熱血漢であると同時に、上下関係にこだわらない人懐っこい性格の持ち主で、後輩には「桃ちゃん先輩」と呼ばれている(リョーマは「桃先輩」)。
同級生である海堂に対しては「マムシ」呼びで挑発することがあり、喧嘩が多い。一方でお互いの実力を認め合っているよきライバルでもある。
作中ではリョーマをよく自身の自転車の後ろに乗せている。

関連イラスト

桃城
桃誕


スポーツ万能どーんとこい
いけねーなぁいけねーよ!



関連タグ

総合タグ

テニスの王子様 新テニスの王子様

グループタグ 

青学(+手塚国光越前リョーマ不二周助大石秀一郎菊丸英二乾貞治河村隆海堂薫
キャップと瓶(+菊丸英二乾貞治河村隆海堂薫
青春ソーダ(+手塚国光越前リョーマ海堂薫
テ2s

カップリングタグ

桃杏 桃海 桃リョ 乾桃 海桃

pixivに投稿された作品 pixivで「桃城武」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2701379

コメント