ピクシブ百科事典

桜木花道

さくらぎはなみち

「スラムダンク」の主人公。
目次[非表示]

天才ですから。

概要

CV:草尾毅

本編の主人公。湘北高1年。4月1日生。188cm83kg。
背番号10、パワーフォワード(PF)。
入学時にバスケ部主将赤木剛憲の妹赤木晴子に一目惚れし、誘われるがままにバスケ部へ入る。

能力

驚異的な身体能力の持ち主で、パワー、スピード、スタミナはいずれも一級品。垂直跳びは目測で1m以上。
だが、過去のバスケ経験が一切無い「初心者」であるため、パス、ドリブルなどの基本的な技術に関しては未熟な面も目立ち、プレイスタイルは荒削りで、バスケ用語や細かいルールに関しても知識不足である。 しかも序盤はスラムダンクしか頭にないので基礎的な練習を全くやりたがらない上、レイアップシュートのことを庶民のシュートとバカにしていた。

しかしなんだかんだで中盤以降は選手として確実に成長していき、特にリバウンドに関しては非常に高い資質を持っており、陵南との練習試合前に赤木に見出され、翔陽戦にて完全にリバウンダーとして開花。以降は彼の代名詞ともいえるまでに上達し、チームメイトからも「リバウンドに関しては本当に天才かも」と言わしめたほど。
一年でなおかつ初心者なのにスタメンを奪っている。現実的にはかなりすごいことである。

4ヶ月で猛成長した彼だが、山王工業との試合の後半ではルーズボールに突っ込んで背中を痛め、選手生命に関わるほどの怪我を負ってしまい、IH後の原作最終回の時点では晴子と文通しつつ復帰に向けてリハビリ中である。

ある意味彼の最大の弱点は『流川への対抗心やコンプレックス』それを必要以上に試合にまで持ち込んでしまうことである。ただし、IH予選決勝リーグの陵南戦ではそれがチームの勝利につながるといった例外もある。

人物

通称「桜木軍団」こと水戸洋平高宮望大楠雄二野間忠一郎の4人はケンカに明け暮れた中学時代からの不良仲間。
性格は自信家で生意気、お調子者で破天荒。自らを天才と呼称する。また礼儀というものを知らず先輩だろうが監督だろうが他校の選手だろうがタメ口で話し、作中で彼が敬語を使って話すのは晴子や彩子くらいしかいない。なお、相手にあだ名を付けるのが好きで、会話したことのある対戦相手や監督、チームメイトの内、流川、仙道、彦一、宮益以外には様々なあだ名を付けて呼んでいた。
一方で繊細で心優しい面もあり、感情を内に向ける部分もある。桜木軍団は彼の性格を「内向的」と称している。
基本的に怖いもの知らずだが、女性には頭が上がらず苦手としている。ケンカは作中で最強クラス。
初期は長めの髪のリーゼントだったがIH予選で海南に負けてから坊主頭に。終盤では少し伸びている。
その性格と赤い髪のせいで否応にも目立つ存在。

また無意識ではあるがかなりの友達想いや仲間想いな一面がある。特にバスケ部襲撃事件で部員達が鉄男によって怪我を負わされた際は部員達がやられた分をきっちりやり返したり(ただし流川の分だけはかなりぞんざい)、気に食わないはずの流川がに怪我を負わされたときは無意識に南に詰め寄ったりもした。

意外にも努力家であり、よく練習終了後も居残ったり学校の休み時間を利用して一人練習に励んでおり、早朝にシュート練習やランニングを行っている姿が描かれている。

そのプレイスタイルやルックスから、デニス・ロッドマンがモデルと言われているが、作者はこれを否定しており、「桜木にモデルはいない。しいて言うならチャールズ・バークレー」と語っている。

余談

担当声優である草尾毅氏の代表キャラの一人としても知られているが、桜木のテンションを常に維持するのはかなり大変だったらしく、今となっては演じるのが難しいキャラになってしまったらしい。

関連イラスト

桜木花道
樱木花道


花道



関連タグ

スラムダンク 湘北 桜木軍団
フンフンフンディフェンス
愛すべきバカ

カップリングタグ

流花

pixivに投稿された作品 pixivで「桜木花道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2029115

コメント