ピクシブ百科事典

梅宮竜之介

うめみやりゅうのすけ

梅宮竜之介とは、『シャーマンキング』の登場人物である。
目次[非表示]

プロフィール

年齢18
西暦1980年
誕生日12月24日
血液型O
星座山羊座
推定身長181cm(登場初期)
好物アメリカンドッグ
趣味ベストプレイス探し
特技料理
出身地東京出身


概要

CV:田中正彦

木刀の竜』の通り名を持つベストプレイスを探す永遠の旅人。
元は阿弥陀丸が住む近くの墓場を拠点にしていた不良高校生で、麻倉葉達を目の敵にしている小悪党のような人物だった。
しかし、阿弥陀丸に恨みを持つ悪霊の蜥蜴郎が引き起こした一件で葉に救われてからは、彼を「旦那」といって慕うようになる。
以降はふんばり温泉の板長を自称し、板前としての修行もしている傍ら、密かにシャーマンとしての修行を積んで葉達の頼れる仲間として共に戦うようになる。
シャーマンとしての力が開花してからは不良らしさは徐々に鳴りを潜めていき、元々義理人情に厚い性格がさらに強調されるようになった。
居場所がない者を気遣い、自分を阿弥陀丸への復讐に利用した蜥蜴郎も彼の心意気に惹かれて持霊となった。

大きなリーゼント頭(通称:ウルトラリーゼント)がトレードマーク。リーゼントの形はメンタルによって変化する。特に精神的な強いショックを受けると、リーゼントは一瞬にしてセットが解け、単なるロン毛になってしまう(逆にリーゼントをセットすることで強制的に奮起する描写もある)。
ちなみにロン毛になった時の彼はかなりのイケメンで、舎弟達も驚くほどの別人ぶりである。
口癖は「メラ~(用例:メラ最高、メラ根性)」。このメラ○○はゲーム作品などの各メディアでも効果音やオノマトペの類として度々使用されている。

シャーマンとしての精神の強さは“義理人情と根性”。持霊は「蜥蜴郎」。

関連タグ

シャーマンキング

pixivに投稿された作品 pixivで「梅宮竜之介」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30926

コメント