ピクシブ百科事典

梅田駅

うめだえき

大阪にある駅、大阪駅と同じくターミナル駅である。
目次[非表示]

概要

大阪市北区にある私鉄地下鉄各社とJR貨物
相互乗り入れはされておらず、乗り換えには改札を出る必要がある。

同地にあるJR西日本の駅は大阪駅と称する。
ただし、(大阪市外から電車が来る)阪急と阪神の梅田駅も、「大阪梅田」「大阪」と案内される事がある。また、JRでもごく一部だが梅田を表記することがある。

地下街の方向感覚の狂わせっぷりは有名で、地下街に限れば新宿駅を上回るダンジョンとも評されるほど。

阪神電気鉄道梅田駅 HS 01

阪神電気鉄道の頭端式ターミナル駅。5面4線。阪神百貨店の地下にある。甲子園球場で試合がある時は賑わう。
1〜3番線には急行列車や山陽電気鉄道の姫路まで向かう直通特急が発着する。4番線は普通列車専用ホーム。
現在、阪神百貨店建て替え工事とともに駅自体の拡大による改良工事が行われている。

阪急電鉄梅田駅 HK-01

頭端式ターミナル駅。阪急ターミナルビル内の高架駅である。所在地は芝田一丁目。
京都本線・神戸本線・宝塚本線が発着。10面9線は大手私鉄ターミナル駅としては最大級の規模である。当駅から十三駅までは京都・神戸・宝塚各本線の3複線区間である(正確には京都線部分は宝塚線の別線)。
かつてはJR線南側・阪急百貨店の位置にあったが、手狭になり、北側に移設されている。南側にあった時は地上駅→高架駅→地上駅と変わった。高架駅から地上駅への変更は国鉄の高架化によるもので、国鉄高架化及び阪急地上化変更工事は一夜にして行われた。
2014年までは他社の車両が乗り入れたことはなかったが、同年に6000系1編成が能勢電鉄に譲渡されたため同編成が乗り入れるようになった。

駅構造

乗り場路線方面備考
1〜3阪急京都線十三淡路北千里高槻市嵐山河原町方面梅田〜十三間にある中津駅は通過。行楽シーズンには嵐山との臨時列車を運行。
4〜6阪急宝塚線十三・箕面川西能勢口宝塚日生中央(能勢電鉄)方面日生中央とは特急日生エクスプレスが平日朝・夕に運行。箕面線方面には朝のラッシュ時に普通準急が夕方ラッシュ時には普通が運転される
7〜9阪急神戸線十三・伊丹西宮北口神戸三宮仁川宝塚(今津線)方面宝塚から今津線経由の準急が平日朝に運行。阪神競馬場開催時には仁川から臨時急行も運行。


切符の表記は「梅龱」となっている。

大阪市交通局梅田駅 M16

地下鉄御堂筋線の駅。なお、大阪市営地下鉄には他に四つ橋線西梅田駅と谷町線東梅田駅があり、改札を一度出て乗り換える必要があるが、乗り換えについては各種特例がある(30分以内に再入場すれば、通常の乗り換えと同様に、運賃を計算する際に乗車距離を通算してもらえる)。北改札と中改札・南改札は直接改札外では繋がっていないため、各線との乗り換え時などは注意が必要。
1989年に中百舌鳥方面のホームを移設し、島式ホームの幅が9.1mから24.5mに広げられた。スペースは谷町線計画のものを利用している。
大阪市交通局には市営バスもあるが、バス(と、昔走っていた路面電車)の停留所は「大阪駅前」。

JR貨物梅田駅

JR西日本大阪駅の北側に存在した貨物駅。梅田貨物線上に位置していた。2013年3月いっぱいで廃駅となったが、跡地にはJR西日本の駅が作られる予定。なお、この駅、「北梅田駅」という仮の名前が付けられている。また、駅(跡地)構内の脇を京都から関西空港・和歌山方面へ向かう「はるか」「くろしお」などの列車が通過している。

関連タグ

大阪府 大阪市 大阪駅 梅田 キタ 北新地 ターミナル
阪神電気鉄道 阪急電鉄 大阪市交通局 大阪市営地下鉄 JR貨物
難波駅大阪難波駅 私鉄 大手私鉄 地下鉄 

pixivに投稿された作品 pixivで「梅田駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7284

コメント