ピクシブ百科事典

棗真夜

なつめまや

棗真夜とは、『天上天下』のもう一人のヒロイン。

CV:久川綾

統道学園3年。柔剣部部長。亜夜の姉。8月20日生。
T:170cm、W:49kg。B:92cm、W:53cm、H:84cm。血液型:B型。

触覚のような髪を持つ銀髪と厳格なジジイ口調が特徴的。
当初はロングヘアだったが五十鈴との対決で髪を切られ、一時期はセミロングとなる。
赤羽の龍門の一つである「龍眼」を持つ棗家の長女だが、異能の力は見られず、それ故自身を「棗家の落ちこぼれである」と思っていたが、後に、あらゆる気を中和して無効化する能力「アマテラスの龍門」を有することがわかった。
剣術・体術に優れており、棗剛真流皆伝の腕前。
愛刀は虎徹。木龍の龍門を持つ。
容姿端麗で文武両道のため、学校中の男子・女子問わずファンが多いが、普段は氣の無駄な発散を防ぐため身体操術「棗流功氣煉法弐拾参」で幼女の姿をとっている。
これにより戦闘で相手に本来の姿で捕らえられた際、幼女の姿になってすり抜けるといった事も可能。
だが、柔剣部の部員達とボウリングをしに行った際等は本来の姿だった。
柔剣部部長として厳しく部員を鍛えており、特に宗一郎に対しては強い期待を抱いている。
かつては光臣と恋人に近い関係であり、敵対する現在でも彼への深い愛情は消せない様子だが、常に何かを背負っている彼女は自身の想いを表に出せない状況にいる。
鉄人との戦いでのダメージの大きさと、零毀の発動により氣を限界以上に使った事で半死半生の状態となる。
その後、蛍家の龍掌により肉体だけがなんとか生きている、いわゆる植物状態が続いていたが、文七によって連れ出された高柳家本部にて、光臣とスサノオの戦闘中に真貴子が龍拳によって集めた膨大な量の氣を胸の勾玉の龍門に注ぎ込まれたことにより復活。
「勾玉の日ノ巫子」――「天照」として覚醒を果たした。
宗一郎と雅孝の最終決戦では、自らの中に蓄えた勾玉の龍門の力により宗一郎の異能を押さえつけ、雅孝を援護する。
同時に亜夜とともに宗一郎の精神世界へと旅立ち、宗一郎を加えた3人で宗魄と対峙する。
そして宗魄と共に滅ぼうとした宗一郎をかばい、宗一郎の異能と宗魄を勾玉の龍門で浄化して死亡する。
三柱の神の一人"天照大神"は棗家の女との深い関わりを見せており、彼女と亜夜にも何らかの関連性が見て取れる。

関連イラスト

天上天下
真夜


ただいま
童年



関連タグ

天上天下

pixivに投稿された作品 pixivで「棗真夜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30621

コメント