ピクシブ百科事典

森を一瞬で素粒子レベルで浄化する風を起こす扇子

もりをいっしゅんでそりゅうしれべるでじょうかするかぜをおこすせんす

森を一瞬で素粒子レベルで浄化する風を起こす扇子とは、東方projectの書籍作品である東方儚月抄に登場するキャラクターである綿月豊姫の持ち物である。
目次[非表示]

概要

作中にて、豊姫が追い詰めた八雲紫を制圧するのに持ち出した道具。
これをかざされた紫は、(本人の計画上元からそこで降参する算段だった事もあり)膝を付いて謝罪・周りを巻き込まないよう願う事となった。
劇中で実際に使われた事はまだない。

豊姫の言っている事が本当だとしたらあんまりにもぶっ飛んだ道具であり、また豊姫のその扇子の扱いが結構ぞんざい(庭の木から桃を取る為に二本のそれではさみ取りしようと試みる、永遠亭訪問時に紛失して一番危なそうな人鈴仙談)に拾われる)な為、紫に降伏させるためのハッタリや茶番だったのかもしれない。

ちなみに「封神演義」には元宮廷画家「楊任」の宝貝として「五火神焔扇」なる扇が登場する。これは一扇ぎしただけで灼熱の風が吹き荒れ、敵を消し炭の塵に変えてしまうという、作中でも最高峰の威力を有する扇である。
扇であることや、素粒子レベルで浄化する→火で清める(?)など、威力共々類似点が多い。

関連イラスト

豊姫vs紫
危ない扇と切れない縄を扱う程度の能力の人



関連タグ

東方東方project 東方儚月抄 儚月抄
綿月豊姫 豊姫 海と山を繋ぐ月の姫
綿月依姫 依姫
綿月姉妹 綿月 月人
扇子 芭蕉扇 危険物 最終兵器

月光蝶

pixivに投稿された作品 pixivで「森を一瞬で素粒子レベルで浄化する風を起こす扇子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 140833

コメント