ピクシブ百科事典

森乃イビキ

もりのいびき

森乃イビキとは、『NARUTO』のキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

忍者登録番号010913
誕生日3月20日
年齢28歳
星座うお座
身長193.5cm
体重88kg
血液型A型
性格我慢強い、サディスト
好きな食べ物えのき茸のソテー、肉料理
嫌いな食べ物とうもろこし
戦ってみたい相手大蛇丸
好きな言葉真実
趣味誘導尋問
忍者学校卒業年齢10歳
中忍昇格年齢15歳


※データは基本的に初登場時のもの

概要

CV:楠大典

木ノ葉隠れ暗部拷問尋問部隊隊長。ガッシリとした大柄の男性で、非常に忍耐強く勇敢な人物。
その抜け目のない拷問・尋問術から別名「サディスト」とも言われる。
アニメ版では拷問部屋を口寄せが可能である。
強面の人物で、顔に切り傷があるほか、頭にネジで抉られた穴や火傷痕、さらに本人の談から全身傷跡だらけ。しかもその多くが敵からの拷問に耐えた痕らしい。
大変威圧的な風貌だが、合格した者たちに試験の意図を丁寧に伝えたり、試験後にナルトの白紙の回答用紙を見て「白紙で通過するやつがいるとはな」と感心の笑みを浮かべたりと、根は温厚で情に厚い人物の模様。

活躍

中忍試験の第一関門、筆記試験を担当。
ナルトたち受験者たちを尋問術を駆使して精神的に追い詰めていき、第十の問い「今回の試験で落ちると一生忍者になれないが、受けるか否か」で極限まで追い詰めるも、ナルトの一喝によって士気を揚げた受験者たちを見て、残った全員を合格に判定にした。

第二部では、死体換金所の男や香燐への尋問、雨隠れの忍の秘密の調査などで登場。
地味ながらも、重要な場面で活躍している。

アニメではイビキには弟がいる事が判明しており、名は森乃イダテ
頭の傷はイダテを守るために付けられた傷痕であるとアニメで語られた。
森乃イダテは、元木ノ葉隠れ上忍緑青アオイに騙され大罪を犯してしまう。事実上木ノ葉の抜け忍なのだが、イビキは成長したイダテに見直した為、あえて兄弟ではないと否定し彼を見逃している。
生き別れていた兄弟のわだかまりは、こうして解決したのである。

BORUTOにも登場。七代目体制でも現役の忍として活動している。

関連タグ

NARUTO スカーフェイス

pixivに投稿された作品 pixivで「森乃イビキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12726

コメント