ピクシブ百科事典

森川カツミ

もりかわかつみ

森川カツミとは、カードファイト!!ヴァンガードの登場キャラクターである。
目次[非表示]

CVは杉山紀彰

人物像

アニメ版

後江中学校三年生の先導アイチ井崎ユウタのクラスメイト。
自称後江中(前は世界)最強のヴァンガードファイター。
ヴァンガードのことを心から愛しているが、その実力は悲惨なくらい弱く、敗北して言い訳(大抵は占い関係)をするのがお約束。

当初は、アイチからブラスター・ブレードのカードを無理矢理奪い取ったりしていたが、櫂トシキに負け、自分の実力をほんの少しだけ理解したことで、今ではすっかりお調子者のムードメーカー的な役割に収まっている。
それに伴いアイチとも和解し、井崎と共に三人で行動している場面が多く見受けられる。

大の占い好きであり、星占いの本を「バイブル」と称して持参しているほど。
また、実際に聞こえなくても勘で解るほど自分への小言に敏感。それ故三和からは「面白い」と評される。

謎のカードショップ「PSY」の店員のコーリンに一目ぼれし、全国大会で彼女がアイドルグループのウルトラレアの一員だと知ると、すぐさまファンクラブを作り、会員番号0001をもぎ取ったり、グッズを買い漁る、乗り気でない井崎三和を親衛隊の一員として駆り出して応援するなどの熱狂ぶりが伺えるが、コーリンには相手にされていないどころか疎ましく思われている。

秋のショップ大会ではマークs・・・ニンジャマスターMの伝言により、忍者好きも高じて「2代目ニンジャマスターM」を襲名し、新田シンの薦めで井崎ユウタ三和タイシ先導エミと「チーム下克上」を結成。
しかし口調を変えてもいつも通りの彼であり、周囲からはバレバレであった。デッキも改善点が見られなかったため、案の定戸倉ミサキに敗北した。

尚、アイチ、井崎、と共に中学三年生であるので一般的には高校受験を控えているはずだが勉強している描写は全くない。原作者伊藤彰のtwitterでは「作中での描写がないだけで勉強きっとはしているはず」という意味のコメントがされている。ただし、「赤点スレスレを漂っている」とも言われてしまっており、普通に考えればヴァンガードやコーリンの応援などをしている場合ではない。

リンクジョーカー編ではアイチとは別の「後江高校」に進学してヴァンガード部に所属している。

漫画版

アニメより不良色が濃く出ており、カツアゲのシーンにおいてもアイチの腹に強烈な蹴りを浴びせるという過激な行動を取っていた。
マーク・ホワイティングが顧問を務めるカードファイト研究部に所属しており、アイチの入部に際してアイチと熱戦を繰り広げる等、アニメでは見られなかった実力を発揮していた。

尚、赤点40点のテストで20点を取ってしまい(ちなみにカードファイト研究部のメンバーは全員赤点であり、しかもその中で最下位)、アイチが入部希望と同時に廃部になるという事態に陥った(アイチが95点を獲得していたため彼の入部により部の平均点が41点となりなんとか廃部は回避)。

カードファイトに関して

アニメ版

スパイクブラザーズ」・・・とは名ばかりのグレード3デッキ
G3こそが最強と信じており、デッキ半分に及ぶ25枚がクラン不問のG3ユニットで占められている。
当然、ライド事故でユニットを場に出せないことのほうが多く、出せてもブーストできないG3を後衛にまで配置するため、そのパワーを生かし切れていないのだが、本人はあまり気づいていない様子。
知識においては、経験が実際の初心者の戸倉ミサキより上回るのにも関わらず、初心者同然である様が時折伺える。不動の全敗記録を誇る、初心者には最強に易しい対戦者。

しかし、51・52話のジュニアとシニアに部門が分かれた特別ルールのショップ大会にて参加するもデッキを忘れ、店長から手付かずの構築済みデッキ(おそらくはノヴァグラップラーの構築済みデッキ「黄金の機兵」)を借りてファイトしたところ、一枚しか入っていない筈のグレード3『ゴールド・ルチル』を容易く引き当て、ここぞという時にヒールトリガーを引く等の強運も相まって、まさかのシニア部門全勝。これまでの全ての敗北はグレード3ッキに拘り過ぎていることのみが原因で、そのポリシーさえ捨てればカードファイトの実力はかなりのものである事が発覚する。

112話(リンクジョーカー編8話)では、部の設立を賭けた校外試合でアイチと対決。
その際、井崎によってすり替えられた「かげろう」のデッキを使用。これは櫂が組んだデッキだったが、あたかも本人が使ったかのように使いこなす等、自分以外のデッキを使うと侮れない一面を見せる。

そして、レギオンメイト編から3年後が舞台となるヴァンガードGギアースクライシス編14話で再登場。大学生となったが、デッキ構築能力とグレード3至上主義は相変わらず。

しかし、現在のヴァンガードでは「Gアシスト」と言う、ライド事故が起こった際に特定の条件を満たしていればライドが出来る可能性が与えられるシステムが追加されており、手札がG3だらけだった彼はGアシストを使用してライドに成功した。
なお、このルール、リアルでは追加されてから1年以上経過しているが、アニメで使ったのは彼が初めてであった。ブシロは森川の使い方をよく分かってる。

漫画版
アニメ版のようなコミカルな設定は無く、硬派な森川とスパイクブラザーズが見れる。
ただ、第1話冒頭でたちかぜのカードであるサベイジ・キングを何故か使用している。

関連イラスト

\俺様最強フレンド!/
家帰ったら
中 高 生 !
チーム下剋上



関連タグ

カードファイト!!ヴァンガード 先導アイチ 井崎ユウタ コーリン

pixivに投稿された作品 pixivで「森川カツミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 236075

コメント