ピクシブ百科事典

検索避け

けんさくよけ

その名のとおり、検索に引っかからないようにすること。
目次[非表示]

pixivにおける検索避け

pixivにおける検索避けとは、キーワード検索やタグ検索で、検索されないようにすることである。
マイナス検索」の意味で使う人もいるが、ここでは投稿者側が行うものを指す。

検索避けの意義

腐向け女性向け男性向け擬人化二次オリオリ主等特定の層向きのイラスト及び小説がそれらを嫌う人にヒットしないようにするため、それらのタグやキャプションタイトルにキャラクター名やタイトルを普通に検索してもヒットしないように文字を置き換えたりするなどの処置をする。

人を選ぶ作品だからと考えた投稿者が試みるケース、友人同士がクローズド環境の交流を望むケース、あるいは、普通の検索でやる工夫(→ ヘルプ)を知ってか知らずか最初からヒットしない処置を求める閲覧者に投稿者が応じるケースなどがある。

三次元、いわゆるナマモノジャンルでは昔から叫ばれていることである。
詳しくは→ナマモノ

誰のためにやっているつもりなのか?

pixivの一部で流行している二次創作の検索避け専用タグ(→棲み分けタグ)は、原作名のマイナス検索も避けてしまうため、原作ファン以外のユーザーからは返って検索妨害になる。

多様なユーザーが利用するpixivの性格上、検索避けのような発想とは元から相性が悪い。検索避けのおかげで探していた作品が見つけにくかった、または見つけられなかったということも十分にあるのだ。また、伏字や「某」・「ある」表現は、対象の元ネタを知らない人に対して、ずっと知らないままでいさせてしまうことも十分に有り得る。
自分の目的にあっているか、検索除けをする前に一度考えておくといい。

やり方

公開レベルをマイピク限定に設定する - 投稿者が許可したユーザーが閲覧可。
公開レベルを非公開に設定する - 投稿者のみ閲覧可。
非公開のグループに投稿する - グループ参加者のみ閲覧可。
などの方法が確実。

閲覧制限をR-18R-18Gに設定することで新着に表示されなくなることなどを利用して、検索避け目的で閲覧制限をするユーザーがたまにいるが、これは本来性的要素など18歳未満の方の閲覧が不適切である作品に関して使われるものである。
制限をつけるだけなら一部で表示されなくなるだけのため実害があるかは難しいところだが、R18要素のないものに制限をつけることは厳密に言えば規約違反のため、注意される可能性があることは認識しておきたい。

もちろん、R18要素のあるものには制限が必要である。代表的なものとしては、性的なもの、反社会的なものなど。
具体的にどのような作品に制限が必要かは、実際にガイドラインを確認すること。

また、閲覧制限をすると自動的に該当のタグも追加される。
検索避け目的での閲覧制限の場合、タグをつけたままにするとR18作品を探そうとしてそうではない作品が出てくる=検索妨害に繋がるため実害が発生する。不要なタグははずすこと。
投稿者側で閲覧制限をしていれば、タグを外しても新着に出たりユーザー設定で制限をかけているユーザーの検索結果に作品が出ることはない。

逆に、後からR-18R-18Gタグをつけてもカテゴリ分けには有用だが検索避けの効果はないため注意すること。


一部のユーザー間では、元の言葉を少し変えるという方法が民間療法のように好まれる。
文章に余計な文字を混ぜたり、隠語や愛称などを使用する。
例えばpixivを検索避けするとき「p/i/x/i/v」等、スラッシュ記号等で区切ったり、「vixip」等逆にしたり、「pxv」等と子音を繋げたりするのが一般的である。
また、伏字という方法や「某」・「ある」表現もある。(例:ピクシブ→ピ○シブ、某イラストコミュニケーションサイト)

これには実際には効果が薄いものや、予想外のところで思わぬ結果を引き起こす場合もある。

●隠語・愛称による検索避けの場合、他の一般的な単語と被ることで本来無関係だった層に作品が見つかることがある。

例として、とあるCPがキャラの好きな植物である「桜」を隠語として使用したとする。桜は一般的な名詞のため、桜を取り扱った作品や「桜」という名前のキャラクターを取り扱った作品にもタグとして使われる可能性が高い。
そうなると植物の桜やキャラクターの桜を探している人に、本来無関係なCP作品が見つかることになる。

ここまで極端なケースは少ないが、隠語や愛称をタグとして使う場合は一般的な名詞や既存のタグとの被りはなるべく避けた方がいいだろう。

●外部の検索エンジンにサーチされる場合がある。

Googleなどの外部の検索エンジンで検索された場合、最近のものは高性能なのでスラッシュや記号による検索避けをしてもしっかり元々の単語として認識されるケースがある。
外部からだと「p/i/x/i/v」はpixivで検索しても出てくることもあるのである。
また、隠語があまりに有名すぎると、関連ワードとして出てくるケースもある。そうなってくると検索避けとしては意味がない。

pixiv内部でだけ検索避けをしたいのか、Googleなどにも拾われたくないのかで有効な方法が違ってくるのでどこまで対応するのかによって対策を取る必要がある。
元々pixivは検索避けに向いたつくりはしていないので、検索エンジン対策をするなら他のサイトを使うことも考えるべきである。


関連タグ

配慮 検索 検索妨害 パーソナルタグ マイナス検索
腐向け 女性向け 男性向け
擬人化 二次オリ 夢小説 オリ主

H/T/F擬人化 現在、このタグに関しては使用されていない。詳細はリンク先にて

pixivに投稿された作品 pixivで「検索避け」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12860

コメント