ピクシブ百科事典

樹多村光

きたむらこう

樹多村光とは、「クロスゲーム」の主人公。

CV:入野自由

概要

星秀学園高等部1年生(開始当時:小学5年生)。右投げ右打ち。投手
実家はスポーツ用品店を営んでおり、近所の月島家とは家族ぐるみの付き合い(取引関係でもある)。特に同じ日(6月10日)に生まれた次女・若葉とはとても仲がよく、両想いだった。しかし、若葉の事故死により一人涙を流した。若葉亡き後、夏祭りは墓参りしてから行く模様。野球はしたことがなかったが、月島家が営むバッティングセンターに幼少のときから通っていたため、直球に対するバッティングだけは上手かった。しかし小学5年生のときに、月島家の三女青葉にピッチングで負けてから、その投球フォームに憧れるようになり、若葉の勧めもあって青葉と同じトレーニングを重ねていた。
中等部では野球部に入らず、高等部に進学してから入部。選抜試験を受けなかったため、幼馴染の赤石・中西ともに二軍扱いであるプレハブ組に在籍することになった。変化球はいまひとつだが、直球はバントも容易にできないほどの威力。報道によればMAXは158km/h。豪速球派だがコントロールも良い。コウの投手コーチ役である青葉が新しい変化球を教えると1週間でマスターするなど、野球センスは高い。ちなみに、コウが今までに投げた変化球は青葉に教わったスライダーカーブカットボール、高2の時に竜王戦で投げたチェンジアップ。青葉のフォームを参考にした力みの無い投球フォームをしている。バッティングは緩急を付けられると簡単に引っかかってしまうものの、「東の次に危険」と言われるほど評価は高い。チーム一の俊足でもある。
青葉とは喧嘩ばかりしているが、実は似たもの同士でお互いの事は誰よりも良く知っている。また、青葉が誰かとデートすることを紅葉から聞き動揺したり、青葉と水輝の相合傘が描かれた張り紙を剥がして捨てるなどの場面も見られる。本人曰く「青葉は寝ている時が一番可愛い」らしい。声帯模写が上手く、料理の腕もなかなか。好物はそば。実は読書家。
大口の注文を取るとお小遣いが増えるらしく、スポーツを紹介してはその用具の一括購入まで勧めるという営業行為もしばしばみられる。その手口もなかなかのものだが、一度被害に遭った中西に止められることが多い。
経歴:区立千川北小学校-星秀学園中等部 - 星秀学園高等部

関連タグ

クロスゲーム

pixivに投稿された作品 pixivで「樹多村光」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47328

コメント