ピクシブ百科事典

檜佐木修兵

ひさぎしゅうへい

「BLEACH」の登場人物。

「戦士として かけがえの無いものを
手にしているのだ・・・!」

「命を刈り奪る 形をしているだろう?」

CV:小西克幸小林ゆう(幼少時代)

人物像

護廷十三隊の九番隊副隊長。
左頬に「69」刺青を彫っており、ノースリーブの死覇装を着ている。首と両上腕部にある黒い模様は刺青ではなく、首輪腕輪である。顔の右側、額から顎にかけて三本筋の傷跡を持つ(これは学生時代に巨大虚につけられたもの)。真央霊術院の入試には2回落ちているが、在学中にはすでに護廷十三隊への入隊が内定しており、その当時から席官入り確実といわれた優等生だった。

110年前は流魂街に住んでおり、気弱で泣き虫な性格だった。友達と一緒にいる時に虚の襲撃を受けるが、偶然通りかかった当時の九番隊隊長である六車拳西に助けられた。「69」の刺青は彼に対する憧れから表れている。斬魄刀は『風死』

霊術院六回生のころに一回生たちの魂葬実習の引率に出た際、藍染の作った巨大虚に襲われて顔の傷を負い、それ以来戦いを恐れるようになってしまい剣を握るたびに半歩足が下がるようになってしまったが、九番隊隊長の東仙要に「自分の握る剣に怯えぬ者に剣を握る資格はない」と恐怖を受け入れる大切さを説かれて立ち直った。それ以来東仙を師として仰いでいる。
また、戦いにおいては東仙の教えを常に守っている。

ちなみに彼は、アニメ版やカラブリなどでの扱いがとても酷く、残念なイケメンとして描かれることが多い。

千年血戦篇にて卍解を習得、習得したのだが・・・
最終回まで一切披露する機会が無かった。当然何という名前かも不明。
千年血戦篇の後その事に対し拳西と乱菊と冬獅郎に『卍解するするサギ』と野次られ彼の出番は終わる。
上記の通り最後まで残念な役だった。

関連タグ

BLEACH 東仙要 六車拳西 護廷十三隊

pixivに投稿された作品 pixivで「檜佐木修兵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1904898

コメント