ピクシブ百科事典

次狼

じろう

次狼とは、仮面ライダーキバの登場人物である。演じたのは松田賢二氏。
目次[非表示]

「娑婆の空気でも、吸いに行くか・・・」

もしかして:二狼トリコ)……まあ、こっちゼブラだしな。

概要

クールだが短気性格青年コーヒーに拘りを持つ。おニャン子クラブのファンという意外な一面もある。
その正体が、チェックメイトフォールークによって絶滅に追いやられたウルフェン族最後の生き残り、ガルルである。

1986年

不味いコーヒーには金を払わない主義。
普段は人間社会の中に紛れて暮らしているが、影では何人かの人間を捕食していた。このことは後に音也からも「お前らもさんざん悪いことした」と(さらりとだが)指摘されている。
カフェ「マル・ダムール」を訪れた事がきっかけで対ファンガイア組織「素晴らしき青空の会」に入り、初代イクサ装着者に選ばれる。
子孫繁栄のために麻生ゆりに近付くが、正体を知られた音也により失敗。その後ゆりを無理やり連れ去るも、彼女に拒まれ、慟哭して去って行く。
以後ふっきれたのか、音也とは腐れ縁的な友人となり、とある事情で彼を暗殺しようとするも情が沸いて失敗してしまう。
最後は音也の頼みを受け、キャッスルドランに自ら入り込んだ。

2008年

キャッスルドランに幽閉されている。この時はタキシードを着崩した服装をしている。キバットバットⅢ世に呼ばれる時以外城から出る事は少ないが、紅渡を指導するために外出する事もある。最も音也と親しかったため、他の2人よりも渡を気にかけ見守る立場を遵守し、後見人に近い。
キバットからはバカ狼使えない奴とののしられ放題。
出撃の際にはでひっかく動作を行うことがある。

小説版

全体的にキャラがテレビ版よりもマイルドかつシャープになっている本作だが、彼も例外ではない。ウルフェン族再興を目指す点や渡を見守る点はテレビ版と同様であるが、人間を捕食することはなく(ただし、自身の秘密を知った者は殺害していた)、ゆりを無理やり手篭めにするようなこともなく、テレビ版よりも理知的で穏やかな人物。あとやたら女にモテる上、扱いも上手い。
凶暴なウルフェン族の血に抗い、芸術を嗜む一面を見せる。
テレビ版同様、当初は音也を軽蔑するも時を経るにつれて友情が芽生えた。

関連タグ

仮面ライダーキバ 仮面ライダーイクサ 紅音也 アームズモンスター
怪人 人間態 ガルル ウラタロス

pixivに投稿された作品 pixivで「次狼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35098

コメント