ピクシブ百科事典

武彦

たけひこ

SF小説及びアニメ「シャングリ・ラ」の登場人物。

武彦とは、シャングリ・ラのキャラクター。
CV:堀内賢雄

概要

20年間反政府運動に携わっている、「メタル・エイジ」の参謀。30代後半。
携帯の待ち受けは國子の写真。

地上の庶民の中にいるアトラスランクAの少女がアトラス計画に何らかの関わりがあると察知し、森林化とアトラス計画を白紙に戻すため少女たちの拉致・殺害に手を染めた。

アニメ版では鹿島(かしま)警部の役割を兼務しており、妹を人質にとられ鳴瀬涼子の命令で密かにアトラスランクAAAの國子を護衛していた。
第16話で妹が既にアトラスの人柱として殺されていた事を知り、17話でアトラス計画を白紙にするためランクAAAの國子殺害を謀るが草薙国仁の邪魔により失敗し入水自殺する。その時の台詞から武彦は國子以外のAAAを知らなかったための苦心の選択だったようだ。
実はその後は生きており、アトラスの第八層でダイダロスを使って爆発を起こしていたが、最終話において総一郎の銃弾を受けて本当の最期を遂げる。

関連タグ

シャングリ・ラ

コメント