ピクシブ百科事典

武藤環

むとうたまき

武藤環とは、「紅kure-nai」のキャラクター。

CV:真田アサミ

五月雨荘6号室(真九郎の隣の部屋)に住む女子大生。年齢は20代前半。五月雨荘で一番騒がしい人物。作者曰く、特殊能力無しなら作中最強の人物である。素手で岩をも砕き、下駄でフルマラソンを走り切るらしい。
よく見れば美人だが、とにかく身だしなみに気を遣わず、素行も「山猿みたいな習性」と評される程に女らしくないので、素材を全て台無しにしている。大酒呑みで酒癖が悪く、所構わず酔っ払い下ネタを平然と振りまくるエロ女。AVや半端ではないマイナー映画が大好きで、どこからか仕入れてはよく観賞している。
町の空手道場で師範をしている。その道場には円と光という少女が通っているが、それが『電波的な彼女』に登場する円堂円、堕花光のことかは不明。
どこにでも馴染める雰囲気をもっている。
紫にちょくちょく余計なことを教えようとしたり、官能小説を渡す(幸いにも紫は、内容を理解していない)などして真九郎に叱られる。下ネタ大王。
《鉄腕》と対峙しても飄然とした態度を崩さないばかりか戦おうとした。
漫画版では同門の呉木の拳を指2本で止めたり、真九郎の助っ人として、大人数のヤクザを軽々と叩きのめし、真九郎を九鳳院に行かせまいとする夕乃と互角に渡り合う等、活躍する場面が多くなっている。

関連タグ

紅kure-nai

pixivに投稿された作品 pixivで「武藤環」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4255

コメント