ピクシブ百科事典

歩く死亡フラグ

あるくしぼうふらぐ

「歩く死亡フラグ」とは、生物の形をした「死亡フラグ」のことである。
目次[非表示]

概要

キャラクターに付けられるあだ名のようなもので、そのようなキャラが現れる場所で必ず死者が出ることを表す。

歩く死亡フラグといっても2種類存在する。

1.周りが死ぬタイプ

「ごめんくださーい!」
はじめちゃん


いわゆる疫病神とか呼ばれるパターン。
このタイプは該当キャラの周囲の誰かが必ず死ぬもので、主人公が殺し屋だったり名探偵だったりするものが当てはまる。
前者の場合は言わずもがな。しかし本人の意思によるものなので最早フラグでも何でもない。後者の場合は行く先々で事件が起こるのだが、他の事件でもいいのになぜか殺人ばかりが起こる。探偵ってそういう仕事ばかりじゃないのに…
殺し屋はそいつの意思によって、探偵は意思とは無関係で誰かが死亡するが、どちらも死亡する人物がある程度決まっている。しかし異能生存体の場合はキャラ設定の時点で「そいつの存在のせいで」「そいつの意思とは無関係に」「不特定多数が」死亡するため、非常に性質が悪い。
他にも特定のキャラが事故によって毎回誰かを殺してしまうという例もある。

2.自分が死ぬタイプ

フレイキーとはなたば


このタイプは、作品内でやたらと死亡する存在のことをいう。
時間がループする作品において毎度死亡するキャラや、ゲーム作品の場合は雑魚でもないのに性能が貧弱すぎて呆気なく死ぬキャラが該当する。
なお、該当キャラの多くは特に死亡フラグを立てておらず、理不尽な死に方をしている場合がほとんど。
またあまりにも印象的な死に様だったり死に様を回想されまくったせいで死亡シーンばかりがメディアミックスやパロディで何度も取り上げられるキャラや、一種のギャグとして毎回死亡フラグを立てまくる(もちろん立てっぱなしでフラグ回収はしない)キャラなどもここに該当する。

関連タグ

死亡フラグ生存フラグ
Happy Tree Friends

pixivに投稿された作品 pixivで「歩く死亡フラグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 599429

コメント