ピクシブ百科事典

正式名称スマトラオオコンニャク。
インドネシア、スマトラ島の熱帯雨林に自生する。
7年に一度2日間しか咲かない、世界最大の花として有名になった。
花の形からショクダイオオコンニャクという別名もある。
また、Titan arumという英名からタイタンアルムとも呼ばれる。
その強烈な腐臭から死体花やお化けのように見えるのオバケコンニャク
という名前もある。臭いだけでなく見た目も奇異で、
イギリス王立園芸協会がインターネット投票で決めた
「世界で最も醜い植物」の第一位にも選ばれた。

コメント