ピクシブ百科事典

殺りん

せつりん

『犬夜叉』の登場人物、殺生丸 × りん のカップリングタグ。
目次[非表示]

概要

軽く2世紀ほどの年の差カップリング。(とはいえ殺生丸は人間換算で19歳)

犬夜叉との戦いで深手を負った殺生丸をりんが介抱した(実際に何か出来てはいなかったが)ことをきっかけに共にいるようになる。
りんとのこの出会いから、殺生丸は父が願っていた誰かを憐れむ心を持つようになる。
最終的には生来の豪傑、気品に加えて敵である神楽を救おうとしたり(殺神正当化の根拠として使われることもあるが、前述で承知の通り、殺生丸に芽生えた優しさの為に起こった事例である)、(甲斐なく死んでしまうが)桔梗の所まで向かおうとするなど当初の冷酷さからは到底想像の及ばぬ優男(いい意味の方)が出来上がった。
りんが殺生丸にとって物語が進むにすれ大事な存在になっていったことは作中でも描かれており、父の形見である天生牙以上の存在と宣言されている。
りんの命と引き換えに得るものなど―――なにもない!
とまで思うようになる。殺生丸の母曰く「変なところが父親に似てしまった」とのこと。
本編終了後、「どちらでも選べるように」とりんをかごめ達のいる人里に残しているが、危険があった際には護りに来たり、度々訪れては着物などを届けている。


原作終了から5年後、アニメ完結編終了から3年後の2013年春、数年後の後日談を描いたワイド版全巻予約特典CD「559話「あさって」」では最終回の後日談として殺生丸がりんを将来的に嫁にしようと考えている事が語られ、プロポーズ(実際の台詞の締めくくりとしては「今はまだ人里で暮らせ」といった内容なので、りんに結婚を申し込むプロポーズとはやや異なる)をしている。

また、「あさって」を原作公式設定としたとして、戦国時代という時代背景と殺生丸自身はりんの成長を待つつもりでいることから「ロリコンが公式になった」わけではないので要注意。

原作でも後日談である「あれから」が存在しており、時系列は「あさって」より後となるが、未だりんが人里で暮らしている段階なのでりんを守りに来た描写しかなく、関係が変化したかについては描かれていない。

作者の話では「本当は殺生丸とりんが結ばれる話を描きたかったのだが他のヒロイン達が年を取るのでやめた」・・・とのことらしい。これが本当ならこのCPは文句のつけ難い公式であるようだ。出典を確認したい。

このCP名は知らない人が見たら「殺す」意味にとられる事が多いので使用には十分注意する事。
読みについては、可愛らしく「ころりん」とする場合もある。

関連イラスト

ずっと一緒だよね。
君がいない未来


殺生丸とりん
りんがおでこをケガしたようです


心拍数♯0822
殺生丸とりん



関連タグ

犬夜叉 殺生丸 りん 殺生丸×りん 殺生丸一行
NL 人外×人間 青年少女 歳の差

pixivに投稿された作品 pixivで「殺りん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13773587

コメント