ピクシブ百科事典

母をたずねて三千里

ははをたずねてさんぜんり

日本のテレビアニメ。
目次[非表示]

1976年に1年間『世界名作劇場』で放送された。
タイトルの通り、主人公が母をたずねて三千里の旅をする物語である。
三千里とは約12,000キロメートルの距離。母に会えるまで2年ほどかかっている。
元々は、イタリア18世紀の統一運動時代に活動した作家・エドモンド・デ・アミーチスによる小説『クオレ 愛の学校』内の挿話の翻案であり、原作は愛国的要素が非常に強い作品となっている。

30秒で分かる母をたずねて三千里


関連イラスト

夜明けのマルコ
ジェノバの兄弟(夕方版)



関連タグ

 親子  一人旅 イタリア アルゼンチン マルコ
クオレ

pixivに投稿された作品 pixivで「母をたずねて三千里」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51518

コメント