ピクシブ百科事典

毛利輝元

もうりてるもと

安芸の戦国武将。
目次[非表示]

中国地方安芸広島県西部)の戦国時代安土桃山時代江戸時代前期の戦国武将

生涯

天文22年1月22日(1553年2月4日)に毛利隆元の嫡男として生まれ、幼名は「幸鶴丸」。
11歳の時に父が急死し家督を継ぐ事となり、祖父・毛利元就が後見人として実権を握った。
元就没後は叔父の小早川隆景に補佐された。永禄8年(1565年)に元服し、室町幕府13代将軍足利義輝の許しを得て、「義輝」の一字をとって名を「毛利輝元」とし、この年に初陣も果たした。
大友宗麟尼子勝久九州中国の覇権争いを続けた。

天正4年(1576年)に織田信長に追放された足利義昭を保護し、上杉謙信本願寺顕如と協力して、信長包囲網に加わった。
当初は優勢だったが、謙信が亡くなり、毛利水軍が九鬼嘉隆の水軍に敗れ、家臣の宇喜多直家が離反し、石山本願寺が降伏し、羽柴秀吉の毛利攻めも始まり、備中高松城(岡山市)は水攻めを受け、輝元は窮地に立たされた。
天正10年(1582年)、本能寺の変が起こると秀吉は早々に毛利と和睦し、明智光秀を討たんと近畿へ戻り、輝元は最悪の危機を脱した。
柴田勝家が倒されると、輝元は秀吉の家臣となり、九州攻めや四国攻めの先鋒を務め、2度の朝鮮出兵にも従った。慶長2年(1597年)に隆景が亡くなり、小早川秀秋が家督を継いだが、輝元はこれに従わず、毛利家へ戻り、同年には五大老に列した。

慶長5年(1600年)、臨終の際の豊臣秀吉から、豊臣秀頼の補佐を任された。徳川家康石田三成の対立が高まり、上杉景勝討伐に家康が動くと、三成も挙兵。大谷吉継の進言で三成は輝元を総大将に擁立する事を画策し、安国寺恵瓊の説得で輝元は西軍総大将についた。輝元は関ヶ原の戦いには出陣せず大坂城にいたが、西軍敗北・東軍勝利を知ると、すぐに城から退去した。
戦後は敗将の責任をとって改易となるところを、吉川広家の計らいで領地を周防長門(山口県)に減らされて存続。
出家したのち家督を息子の毛利秀就に譲って隠居したが、実質的には藩政を司った。
大坂の陣/)では幕府側を支援する一方、家臣を大坂城に派遣するなど、決して従順だったわけではなかった。
寛永2年4月27日(1625年6月2日)に73歳で亡くなった。

人物

元就や叔父からは体罰を伴うかなり厳しい教育を受けていたという。
朝鮮から連れてこられた朝鮮人によれば、慎み深くゆったりとおおらかな人物だったという。
しかし、何だかんだで「両川」が指揮を執っていたことから、やはり坊ちゃん気質であり、お人好しで我儘な行動が見られることもある。
謀神・元就のおかげで毛利家の立派な当主となれたが、有名すぎる元就のせいで近世の動乱の中では影が薄い
関ヶ原の戦いでも形式上は総大将だが、実質的な西軍の司令官は三成であるため、存在感は低い
挙句、戦国BASARAでは輝元ではなく元就が登場している。

創作物の輝元



戦国無双

毛利さん


手前は元就。後ろが輝元。
武器:刀剣(2) 槍(3)  CV:山田真一(2)、岡本寛志(3)

毛利の力、貸すぞ!…皆で力を合わせようぞ!」(2猛将伝の天正御前仕合の台詞)
毛利元就が孫・輝元!祖父譲りの知略を見ろ!」(3Emp特殊台詞)

戦国無双2から登場。
2では大阪湾で一揆衆の兵糧を運んでくる程度の活躍だったが、戦国無双3では隠居を願う元就に対して、大殿(元就)が居ないと毛利家が不安と言い出し、元就を再び戦場に掻き出す要因となった。
木津川口に阿国が乱入した際、出雲に連れて帰ろうとする阿国に対し、元就を必死に守ったり、
「ぬああぁぁぁい!!」(表記上は『なあい!』)と叫んだり、
結局さらわれて「ええええぇぇぇぇっ!」と叫ぶ等大活躍をしていた。

ちなみに100万人の戦国無双でも登場。

ハッピーハロウィンなのです!


(真ん中が当の輝元。左が小早川秀秋で右が吉川広家)
恐らく3の先程の件で人気を得たためか、デザインが3そのものに毛利家の服装を含んだアレンジになっている。他は一人称が「ボク」になり、元就を「爺上(様)」と呼んでいる。(大殿だと他人になってしまうためか)
他人任せな3に対し、「自分がしっかりしなきゃ…」と前向きな姿勢はとっているものの何故か巨大な百万一心盾で身構えている。
二次創作では従弟の広家と秀秋との絡みも多いが、天然が入りボケ役に回る事が多い

毛利輝元(戦国大戦)

泰平の世が訪れるまで、僕ががんばらないと・・・

おしおきぷにぷに


左が輝元、右は小早川隆景

概要

「15XX五畿七道の雄」より追加された新勢力、毛利家のRとして参戦。二つ名は「幼き当主」。
家督を継承したばかりの少年の姿で、毛利家共通意匠の眼鏡をかけたデザイン。
兵種は弓足軽。武力・統率ともコストに比べるとやや物足りないが、特技は防柵と魅力を所持しているため総合的なスペックはいい方。
固有計略『求心なき采配』は味方武将の武力を上げ、統率力を下げる采配。低めの消費士気に対し武力はそれなりに上がるためもう一押しの際には非常に有用。対して統率力が下がるため毛利家のメイン特技である焙烙とはやや相性が悪い。
僕は、お爺様みたいにはなれない・・・

毛利家の結束、御覧に入れましょう!

てるもとちゃん


「1590葵関八州に起つ」では当主となった2人目の青年輝元が登場。レアリティはSRで、二つ名は「三矢の継承者」。
気弱で少々アホの子の気があるものの、二人の偉大な叔父や父譲りの徳に惹かれ集った家臣たちに支えられる名君に成長した。
兵種は槍足軽。コストと武力はそのままに統率が大幅に上がり、特技は父と同じ制圧と魅力に変更された。
固有計略『三弓の下命』は範囲内の毛利家の武将の武力を上げ、さらに兵種が弓足軽の場合追加効果を与える采配。敵3部隊に同時に弓攻撃を可能にする、移動中も弓攻撃を可能にするなど対象にした武将の数に応じて効果を臨機応変に変えることができる。
祖父と父が築きし国・・・私は守り続けます

関連タグ

戦国時代 戦国武将 戦国無双 毛利てる戦国ランス
毛利隆元 毛利元就 長州藩 広島城 

pixivに投稿された作品 pixivで「毛利輝元」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 415369

コメント